誰にでも”日々の100″はある。書評「続・日々の100」(松浦弥太郎)

2013/12/23

本書「続・日々の100」は、暮しの手帖の編集長を務める松浦弥太郎が、普段の生活で使用している所持品を紹介する書籍で、「日々の100」の続編です。

選びぬかれた”本物”

本書「続・日々の100」でも、「暮しの手帖」の編集長を務める松浦弥太郎だけあって、質実剛健という言葉が似合う、派手さはないが、存在感のあるモノが紹介されています。茂助だんご、ロレックスのエクスプローラ、松田のマヨネーズ、デロンギ社のスチームアイロンなど。

前書同様、紹介されているモノは流行の最先端をいくモノではありません。しかし、ひとつひとつの品をみても、著者のセンスのよさと、充実した生活が伺えます。選ばれたモノは、どれも日々の暮らしを豊かにしてくれる品ばかりです。

つまり、”本物”なのです。

誰にでも「日々の100」はある

「日々の100」「続・日々の100」の2冊を読み終えて感じたのは、著者が特別な人だから「日々の100」があるわけじゃないのだということです。誰にでも、もちろん私にでも、「日々の100」があり、それを日々特別意識せずに使っているのだと思います。

以前「日々の100」の書評記事に、「モノは人を表す」という言葉を書きました。つまり、自分自身の「日々の100」を見直すことは、自分自身を見直すことにつながるのです。

持ち物をアップデートすることが成長につながる

サッカー解説者の中西哲生さんが書いた「不安定な人生を選ぶこと」という書籍があります。「僕には貯金がない。給料を全て使い切っている」という言葉から始まるこの書籍は、著者が毎月給料で買ったものを紹介するエッセイです。この本の編集者が書いたあとがきには、こんな言葉が書かれています。「これは、買い物という行為を通じた、彼の成長物語でもあります。

この言葉は、買い物や人が物を集めることの本質を表していると思います。人は、物を買うことで「こんな生活が出来る」「こんな風になりたい」という思いを実現させたいのだと思います。だから、人が買っているものに興味があり、人が買っているものが欲しいのです。

そして、読み終えて僕もこう思いました。
この本に書かれているものが欲しい、と。

関連記事

やはりモノは人を表す。書評「日々の100」(松浦弥太郎)
いかにお金と付き合うべきか。書評「松浦弥太郎の新しいお金術」
モノは人を表す。書評「LIFE PACKING(ライフパッキング)【未来を生きるためのモノと知恵】(高城剛)」

関連商品