nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

「 月別アーカイブ:2013年03月 」 一覧

4月に好調なチームの結果は疑ったほうがいい

  2013/03/31   

イチロー選手は「4月に出る結果は、疑ったほうがいい」とよく語っています。 「相手 …

“何もしない”スタジオジブリの新作のWebプロモーション

  2013/03/30   

昨日に続いて「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」の話題を。 2月24日に放送された「鈴木 …

“企画は公序良俗に反するものをやる”スタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫が語る「企画論」

  2013/03/29   

僕は、スタジオジブリのプロデューサーを務める鈴木敏夫さんのラジオ番組「鈴木敏夫の …

ビジネスパーソンが成長するためのヒントが書かれた1冊。書評「藤田晋の仕事学 自己成長を促す77の新セオリー」

  2013/03/28   

不満があるときの転職は失敗する 一発逆転を狙って転職しようとしても大概はうまくい …

いい会社は「遠きをはかり」ゆっくり成長。書評「リストラなしの「年輪経営」」(塚越寛)

  2013/03/27   

以前「リッツ・カールトンと日本人の流儀」という書籍で塚越寛さんのことが紹介されて …

本田圭佑は世界一自分を信じる男。「プロフェッショナル 仕事の流儀」を観て

  2013/03/26   

本田圭佑は信じています。心の底から信じています。 自分が「世界一のサッカー選手に …

30代の自分にとって読むべき1冊。書評「坂の上の坂」(藤原和博)

  2013/03/25   

ピーター・バラカンがMCを務める「Tokyo Midtown presents …

”アーティスト”という言葉に対する勘違いと真の意味

  2013/03/24   

僕は、一般的なアーティストという言葉の使われ方が好きではありません。むしろ、自ら …

ポケモンのバッグを無事つくり上げることはできるのか。

  2013/03/23   

季節の変わり目だからでしょうか。娘たちが夜眠れないようで、深夜に何度も起きるので …

70歳を過ぎてアニメーション映画を作り続ける志の原点。書評「漫画映画(アニメーション)の志―『やぶにらみの暴君』と『王と鳥』」(高畑勲)

  2013/03/22   

フランスのアニメーション映画に「やぶにらみの暴君」という映画があります。日本で公 …

勉強やトレーニングを続けるために抑えておくべき3つのポイント

  2013/03/21   

昨日「誰でも勉強やトレーニングを続けられるたった1つのテクニック」という記事を書 …

誰でも勉強やトレーニングを続けられるたった1つのテクニック

  2013/03/20   

このブログを始めたのが2012年の10月14日。ブログを始めて6ヶ月目になります …

落合博満の映画評論「戦士の休息」から読み解く「エンターテイメント」とは何か。

  2013/03/19   

スタジオジブリが発行する「熱風」を読む時、楽しみにしていた連載がありました。それ …

人はなぜ物を作るのか。書評:熱風2013年3月号 特集「尊厳の芸術展-The Art of Gaman-」

  2013/03/18   

スタジオジブリは、毎月10日に「熱風」という無料の文芸誌を発行しているのですが、 …

竹内まりやの「駅」のモデルは、営業が終了した東急東横線渋谷駅の地上ホームだった!

  2013/03/17   

2013年3月17日放送の「山下達郎サンデー・ソングブック」を聴いていた時のこと …

川崎フロンターレがやるべき「ゲームを支配するためのディフェンス」

  2013/03/16   

まだ、鳥栖戦は観れていないのですが、試合が4-5で負けたということなので、今シー …

イチローがトレーニングするマシンが使える施設を紹介!

  2013/03/15   

イチロー選手の特設ジム、ヤンキースタジアムにも設置へ イチロー選手について、こん …

1年後のそれぞれの3月11日。映画「Japan In A Day」

  2013/03/14   

東日本大震災から1年後の2012年3月11日。それはどんな1日だったのでしょうか …

自分の人生に自分で責任を持つことが”ノマドライフ”の本質。「ノマドライフ」(本田直之)を読んで

  2013/03/13   

最近、カフェやファミレスなどで自分のPCを使って仕事をする人が増えていて、その人 …

伊藤壇や二川幸夫は特別ではない、と「君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?」(田村耕太郎)を読んで考えた。

  2013/03/12   

田村耕太郎さんの著書「君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?」は、仕事 …