サッカー, スポーツ, 仕事,

日本人のサッカー選手が海外クラブに移籍するときに、注目される存在がいます。それがサッカー代理人です。本書の著者は、長友佑都や中村俊輔や長谷部誠の代理人として、数多くの移籍を手がけてきた代理人です。 海 ...

仕事,

本書を読む前にびっくりしたことがあります。それは、本書がダイヤモンド社から出版されていたからです。ダイヤモンド社は経済やビジネスに関する書籍や雑誌を出版している雑誌なのですが、スーツ着て満員電車に乗っ ...

最近、”社会起業家”という言葉を耳にするようになりました。途上国の発展に貢献するビジネスを展開する企業の先駆者的な存在が、本書の著者であるマザーハウスの山口絵理子さんです。 「途上国から世界に通用する ...

2002年に放送が終了してから10年以上が経過しても、「水曜どうでしょう」の人気は衰えません。むしろその人気は加速しているとも言えます。2012度はDVDのバラエティ部門の売上ランキングの1位、2位を ...

スポーツ,

2012年のロンドン・オリンピックで、ボクシングミドル級において日本人初の金メダルを獲得した村田諒太さん。その村田諒太さんのこれまでの半生と人生で心がけていることをまとめた著書が「101%のプライド」 ...

サッカー, スポーツ,

サッカーの世界には、「契約をした瞬間から解雇へのカウントダウンが始まる」という言葉があるそうです。そんなサッカーの世界で1986年に就任後、実に27年間にわたって常に優勝を求められるマンチェスター・ユ ...

「東京の編集」「はじめての編集」といった「編集」をテーマにした著書を発表してきた菅付雅信さんの新刊は、「はじめての編集」に書かれているテーマを元に、時代背景を踏まえて、現代社会がどのような状況にあるの ...

この本も「自分のアタマで考えよう」同様に、会社の先輩の席の本棚に置いてあったので、借りて読んでみました。本書は有名ブロガーのちきりんさんが、「毎日を楽しく生きるための極意」ついて書いた1冊です。 本書 ...

CM, 音楽

「みんなCM音楽を歌っていた」という書籍があります。資生堂の「サクセス、サクセス、」宇崎竜童「時間よ止まれ」矢沢永吉「君のひとみは10000ボルト」堀内孝雄「夢一夜」南こうせつなどのヒット曲を生み出し ...

スタジオジブリ, 映画, , 熱風

スタジオジブリは、毎月10日に「熱風」という無料の文芸誌を発行しています。今月の特集は先日公開された映画「風立ちぬ」です。 「風立ちぬ」特集のラインナップは、以下の通りです。 庵野秀明x松任谷由実x宮 ...

スタジオジブリ, 映画,

本書にて立花隆は「国民作家」という言葉で宮崎駿の事を紹介していますが、「風の谷のナウシカ」は国民作家となった宮崎駿の出発点とも言える作品です。そんな「風の谷のナウシカ」がどのような背景で製作されたのか ...

breaking news, サッカー

先日優勝したサッカー東アジア選手権の男子日本代表に、最も多くの人を送り込んだのはサンフレッチェ広島です。青山敏弘、千葉和彦、高萩洋次郎、西川周作だけでなく、以前所属していた槙野智章、森脇良太も含めると ...

仕事,

会社の先輩の席の本棚に置いてあったので、借りて読んでみました。 本書は有名ブロガーのちきりんさんが、知識にだまされない思考の技術について書いた1冊です。ちきりんさんは、本書の中で「思考の11のルール」 ...

breaking news, 音楽

先日NHK BSプレミアムで放送された「浜田省吾ライブスペシャル~僕と彼女と週末に~」という番組で、「J BOY」が流れる前に、浜田省吾さんがTour Site Blogに書いた「千里の馬」という諺( ...

, 観光

僕はいろいろな国や街を訪れた中で、最も素敵な街だと思ったのがバルセロナです。2009年の2月に訪れたのですが、2月とは思えないほど気候は暖かく、天気はほとんど快晴。料理もお酒も美味しかったことも印象に ...

スタジオジブリ, 映画

先週末、子供を両親にあずけて、「風立ちぬ」を映画館で観てきました。以前、nishi19 breaking newsでは、「風立ちぬで描かれるのは宮崎駿という人の半生」だと書きましたので、僕は映画館に「 ...

音楽

月曜日の夜、録画していた「浜田省吾ライブスペシャル~僕と彼女と週末に~」を観ました。 2011年から2012年にかけて行われた「ON THE ROAD 2011 "The Last Weekend"」 ...

breaking news

昔、これから活躍する野球選手のことを語る時、 「高卒のドラフト4位の選手に注目しよう」と言われていたことがありました。 イチローも中村紀洋もドラフト4位だったことが言われ始めたきっかけだと思うのですが ...