サッカー, スポーツ, スポーツビジネス,

ビジネスの世界でここ数年右肩上がりで成長している業界があります。それは、スポーツビジネスです。スポーツビジネス市場は2014年には1460億ドルを超えると推計されるなど、メディア、スポンサー企業、広告 ...

音楽

僕は普段HIP HOPはあまり聴きません。特に、日本のHIP HOPシーンにはお世辞にも詳しいとは言えません。そんな僕が聴く数少ないHIP HOPが「Shing02」の作る楽曲です。Shing02は、 ...

仕事,

芸能界の事はよく知らなくても、そこで働く人々が、夜型の不健康な生活をおくっていることはなんとなく想像できます。しかし、そんな芸能界で「朝4時に起きて、夜8時に寝る」という朝型の生活をされているのが著者 ...

サッカー, スポーツ, スポーツビジネス,

ビジネスの世界でここ数年右肩上がりで成長している業界があります。それは、スポーツビジネスです。スポーツビジネス市場は2014年には1460億ドルを超えると推計されるなど、メディア、スポンサー企業、広告 ...

日本サッカーMF論

サッカー, スポーツ,

J1通算100ゴールを決めた藤田俊哉さんの凄さは、日本代表での活躍の機会が少なかったがゆえに、コアなサッカーファン以外にはあまり知られていない気がします。したがって、藤田さんがどのような考えでプレーし ...

サッカー, スポーツ, スポーツビジネス,

ビジネスの世界でここ数年右肩上がりで成長している業界があります。それは、スポーツビジネスです。スポーツビジネス市場は2014年には1460億ドルを超えると推計されるなど、メディア、スポンサー企業、広告 ...

仕事,

長谷部誠さんの「心を整える」をきっかけにして、アスリートの仕事に対する考え方を書いた本を書店で目にするようになりました。勝ち負けがつく世界で戦っている人々の考え方は、仕事のストレスに悩む人々にとって、 ...

スタジオジブリ, , 熱風

スタジオジブリは、毎月10日に「熱風」という無料の小冊子を発行しているのですが、2013年7月号から始まった新連載「吾が輩はガイジンである。」が第2回も面白いのでご紹介します。 「吾が輩はガイジンであ ...

スタジオジブリ, , 熱風, 鈴木さんにも分かるネットの未来

スタジオジブリは、毎月10日に「熱風」という無料の小冊子を発行しているのですが、2012年11月からネット業界で仕事をしている人にとって、興味深い連載が始まっています。ドワンゴの会長であり、またスタジ ...

スタジオジブリ, , 熱風

スタジオジブリは、毎月10日に「熱風」という無料の小冊子を発行しているのですが、今月の特集は、「食品」についてです。 食品は毎日口にしているもので、命をつなぐ大切なものですが、その大切さほどには注目さ ...

サッカー, スポーツ,

なぜサッカーが好きなのか。自分自身その事を誰かに説明しようとするんだけど、うまく説明できた試しがありません。結局、「スタジアムに行けばわかるよ。」とか「ボール蹴ってみればわかるよ」とか言って、サッカー ...

Webディレクターの仕事, 仕事,

インターネット広告をより効果的に活用するため、様々な広告活動に広告目標に対する貢献度を割り振って分析してみようという試みは、これまでも検討されてきました。元々金融業界でどの投資がどのくらい効果があった ...

CM, テレビ

井上陽水さんのCM出演本数は決して多くはありませんが、どれも印象に残るCMばかりです。特に有名なCMに1989年の日産セフィーロのCMがあります。 鍵となる2つのコピー このCMは、冒頭と最後に井上陽 ...

サッカー

サッカーには様々なフォーメーションがあります。戦い方によって「4-4-2」「4-3-3」「3-5-2」といったフォーメーションを使い分けているのですが、この記事では「3-4-3」というフォーメーション ...

サッカー

サッカーには様々なフォーメーションがあります。戦い方によって「4-4-2」「4-3-3」「3-5-2」といったフォーメーションを使い分けているのですが、この記事では「3-4-3」というフォーメーション ...

サッカー

サッカーには様々なフォーメーションがあります。戦い方によって「4-4-2」「4-3-3」「3-5-2」といったフォーメーションを使い分けているのですが、この記事では「3-4-3」というフォーメーション ...

breaking news

先日「スタジオジブリとは鈴木敏夫そのものである。」という記事で、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーのインタビューをまとめた書籍、「風に吹かれて」の書評を書きました。僕は鈴木さんが潜在的に抱えていた ...

イチロー, スポーツ,

「記録にも、記憶にも残る選手」。それは、日米通算4000本安打という記録を達成したイチロー選手そのものだと思います。そんなイチロー選手の凄さを、4000本安打という記録達成を機に、様々な記録から振り返 ...

仕事,

「裸でも生きる」シリーズで、自らの半生とマザーハウスの発展の過程を書籍にまとめた山口絵理子さんが、自身の考え方についてまとめたエッセイが本書「自分思考」です。「裸でも生きる」に描かれている、辛い現実に ...

, 高城剛

高城剛の新刊は、意外にも(?)英会話について書かれた書籍です。 現代のビジネスマンに欠かせないスキルとなっている英会話。しかし、日本人で英語をしゃべれる人は多くありません。なぜ、日本人はということを踏 ...