, 熱風

スタジオジブリは、毎月10日に「熱風」という無料の小冊子を発行しているのですが、2013年7月号から始まった新連載「吾が輩はガイジンである。」が第3回も面白いのでご紹介します。 「吾が輩はガイジンであ ...

, 熱風, 鈴木さんにも分かるネットの未来

スタジオジブリは、毎月10日に「熱風」という無料の小冊子を発行しているのですが、2012年11月からネット業界で仕事をしている人にとって、興味深い連載が始まっています。ドワンゴの会長であり、またスタジ ...

スタジオジブリ, 映画, , 熱風

スタジオジブリは、毎月10日に「熱風」という無料の小冊子を発行しているのですが、今月の特集は、「東京はもういらないのか?」です。かつて渋谷や新宿という街は、地方に住む若者にとって憧れでした。「上京」と ...

「人の日記を読む奴は最低だと思います」というコピーにクスリと笑いつつ、早8年。最低な自分は、今年も板尾創路の日記「板尾日記」第八弾を読み終えました。 待望の第二子の誕生 今回の最も大きなトピックは、第 ...

, 松浦弥太郎

一生懸命に働いているのに、お金が増えない。お金が貯まらない。僕は経験したことがありませんが、お金がありすぎてどう使ってよいのかわからないという人もいるそうです。お金について悩んでいる人はとても多いと思 ...

仕事,

本書には、20世紀の百貨店王であるジョン・ワナメーカーのこんな言葉が紹介されています。 I know that half the money I spend on advertising is was ...

仕事,

本書は、「自分の仕事をつくる」「いま、地方で生きるということ」といった働き方に関する著書を書いている著者が、「アクロス福岡」などを手がけたランドスケープ・デザイナー田瀬理夫さんのお話を通じて、人が働き ...

, 松浦弥太郎

本書「日々の100」は暮しの手帖の編集長を務める松浦弥太郎が、普段の生活で使用している所持品を紹介する書籍です。 選びぬかれた"本物" 本書では、「暮しの手帖」の編集長を務める松浦弥太郎だけあって、質 ...

サッカー, スポーツビジネス

先日、Jリーグ関連でクラブの経営難に関するニュースが、立て続けに報道されました。 栃木SC、債務超過 2013年度1億4600万円(朝日新聞) 【Jリーグ】 J2福岡、資金繰り悪化、経営危機 クラブ資 ...

サッカー, スポーツビジネス

先日、小澤一郎さんが書いた「サッカー選手の正しい売り方」という書籍を読みました。20年目を迎えたJリーグが抱えている問題として、国外への選手の移籍増加があります。国外への選手の移籍は、日本サッカーのレ ...

サッカー, スポーツビジネス

先日、小澤一郎さんが書いた「サッカー選手の正しい売り方」という書籍を読みました。20年目を迎えたJリーグが抱えている問題として、国外への選手の移籍増加があります。国外への選手の移籍は、日本サッカーのレ ...

話題の歌舞伎座建て替えの設計を行った建築家の名は、隈研吾。北京オリンピックの開会式の映像で流れた「竹の家」の設計を手がけたことでも、知られています。 本書は、アメリカでの発見や東京での挫折、地方での本 ...

サッカー, スポーツビジネス

先日、小澤一郎さんが書いた「サッカー選手の正しい売り方」という書籍を読みました。20年目を迎えたJリーグが抱えている問題として、国外への選手の移籍増加があります。国外への選手の移籍は、日本サッカーのレ ...

スポーツ, スポーツビジネス,

ビジネスの世界でここ数年右肩上がりで成長している業界があります。それは、スポーツビジネスです。スポーツビジネス市場は2014年には1460億ドルを超えると推計されるなど、メディア、スポンサー企業、広告 ...

スポーツ, スポーツビジネス,

ビジネスの世界でここ数年右肩上がりで成長している業界があります。それは、スポーツビジネスです。スポーツビジネス市場は2014年には1460億ドルを超えると推計されるなど、メディア、スポンサー企業、広告 ...