nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

「 月別アーカイブ:2013年12月 」 一覧

基準を決めるのは、あなた自身。書評「採用基準」(伊賀泰代)

  2013/12/31   

米国、欧州、アジア、南米、東欧など世界44カ国に80以上の支社を持つグローバルな …

高城剛の入門書。書評「白本」(高城剛)

  2013/12/30   

毎週金曜日に発行される高城剛さんのメールマガジン「高城未来研究所「Future …

「QQ English」のレッスン体験で考えたオンライン教育の可能性

  2013/12/28   

「高城剛の21世紀の英会話」で紹介されていた、1回250円でSkype経由で英会 …

レッドブルブランドの秘密。書評「レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか」

  2013/12/27   

最近、コンビニでレッドブルを見かけるようになりました。レッドブルといえば、F1の …

今年読んだビジネス関連本で1番。書評「小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則」

  2013/12/26   

読み終えた時の正直な感想は、「今年読んだビジネス関連本で1番かも」。読みやすく、 …

「が~まるちょば」はBBCに冠番組を持っていた

  2013/12/25   

以前書いた、「が~まるちょばが出演した「アナザースカイ」を観て、「天職」について …

スキルを発揮するために必要な、オフの時間の過ごし方。書評「『個』を生かすチームビルディング チームスポーツの組織力を100倍高める勝利のメソッド」(福富信也)

  2013/12/24   

同じ一つのゴールを目指し、複数のメンバーが個々の能力を最大限に発揮しつつ一丸とな …

“評価”>“お金”の時代。書評「評価経済社会」(岡田斗司夫)

  2013/12/23   

Twitterのフォロワーが100万人いるひとなら1億円を稼ぐのは難しくない。逆 …

My Best Eleven in J-League 2013 season

  2013/12/21   

J-League finished 2013 season.Final game …

目に見えるものから軽くする。書評「軽くなる生き方」(松浦弥太郎)

  2013/12/20   

本書「軽くなる生き方」は、暮しの手帖の編集長を務める松浦弥太郎が、これまでの人生 …

が~まるちょばが出演した「アナザースカイ」を観て、「天職」について考えた

  2013/12/19   

テレビ番組は嫁がどれだけ呆れようとも、同じ番組を繰り返し繰り返し観るタイプなので …

「Chikirinの日記」から学ぶ「Own Mediaの育て方」

  2013/12/18   

人気ブログに「Chikirinの日記」というブログがあります。2005年3月に始 …

「Chikirinの日記」から学ぶ「メッセージの伝え方」

  2013/12/17   

人気ブログに「Chikirinの日記」というブログがあります。2005年3月に始 …

「不安」と「寂しさ」の付き合い方。書評「愛さなくてはいけない ふたつのこと -あなたに贈る人生のくすり箱 -」(松浦弥太郎)

  2013/12/16   

誰の心にも必ずある「不安」と「寂しさ」。この「ふたつのこと」に、どのように付き合 …

天才指導者の指導法は真似が出来ない。書評「ビエルサの狂気―知られざる戦術マニアの素顔」

  2013/12/15   

昨年までアスレティック・ビルバオの監督を務めていた、マルセロ・ビエルサ。&#82 …

考えなければ始まらない。考えなければ変えられない。書評「考え方のコツ」(松浦弥太郎)

  2013/12/14   

本書は、「思考術」「想像術」「コミュニケーション術」「時間管理術」「グローバル術 …

熱風に連載されている川上量生さんの連載「鈴木さんにも分かるネットの未来」第13回:電子書籍の未来

  2013/12/13   

スタジオジブリは、毎月10日に「熱風」という無料の小冊子を発行しているのですが、 …

「かぐや姫」とはどんな物語なのか。書評:熱風2013年12月号 特集「かぐや姫の物語」

  2013/12/12   

スタジオジブリは、毎月10日に「熱風」という無料の小冊子を発行しているのですが、 …

官能性と”枯れる”ということ。書評「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ 2」

「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」という番組は、こんなナレーションで始まります。 日曜 …

Hey DJ!! Don’t stop the music!!.書評「ラジオのこちら側で」(ピーター・バラカン)

  2013/12/10   

1974年にロンドンから一人の青年が、日本にやって来ました。その青年の名は、ピー …