nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

「 月別アーカイブ:2014年07月 」 一覧

インターネット的に生きる。書評「ウェブとはすなわち現実世界の未来図である」(小林弘人)

  2014/07/31   

本書「ウェブとはすなわち現実世界の未来図である」は、テクノロジー、インターネット …

本当に美味しいものって何?書評「馳星周の喰人魂」(馳星周)

  2014/07/29   

昔、馳星周さんはNumberによくサッカーのエッセイを書いていました。ただ、馳さ …

タイトルを取る権利をもったチームになった。2014年J1第17節 川崎フロンターレ対アルビレックス新潟 レビュー

  2014/07/28   

2014年J1第17節、川崎フロンターレ対アルビレックス新潟は、1-0で川崎フロ …

川崎フロンターレ対アルビレックス新潟

カウンターを仕掛けろ。2014年J1第17節 川崎フロンターレ対アルビレックス新潟 プレビュー

  2014/07/27   

2014年J1第17節、川崎フロンターレの対戦相手はアルビレックス新潟。3戦連続 …

改めて感じる遠藤保仁の凄さ。書評「フットボールサミット第15回 「攻め勝つ」ガンバ大阪の流儀」

  2014/07/26   

図書館の書棚を眺めていたら、目に留まり、思わず手にとって読んでみた1冊。 本書は …

ありそうでなかった、旅のコンシェルジュ本。書評「青本」(高城剛)

  2014/07/25   

毎週金曜日に発行される高城剛さんのメールマガジン「高城未来研究所「Future …

パウリーニョ交代起用の意図と失敗した理由。2014年J1第16節 サガン鳥栖対川崎フロンターレ レビュー

  2014/07/24   

2014年J1第16節、サガン鳥栖対川崎フロンターレは、1-0で川崎フロンターレ …

日本人の強みを発揮することが、世界で活躍するための武器になる。書評「なぜ、日本人シェフは世界で勝負できたのか」(本田直之)

  2014/07/23   

本書「なぜ、日本人シェフは世界で勝負できたのか」は、「レバレッジシリーズ」で有名 …

苦手なチームに勝ってこそ本当に強いチーム。2014年J1第16節 サガン鳥栖対川崎フロンターレ プレビュー

  2014/07/23   

2014年J1第16節、川崎フロンターレの対戦相手はサガン鳥栖。セレッソ大阪戦か …

ファンタジーは、つじつまを合わせないから面白い。書評:熱風2014年7月号 特集「三鷹の森ジブリ美術館企画展示 クルミわり人形とネズミの王さま展」

  2014/07/22   

スタジオジブリは、毎月10日に「熱風」という無料の小冊子を発行しているのですが、 …

右サイドバックに小宮山が起用された理由。2014年J1第15節 清水エスパルス対川崎フロンターレ レビュー

  2014/07/22   

2014年J1第15節、清水エスパルス対川崎フロンターレは、2-0で川崎フロンタ …

みんなが知らない日本の漁業の現状。書評「日本の魚は大丈夫か―漁業は三陸から生まれ変わる 」(勝川 俊雄)

  2014/07/21   

本書「日本の魚は大丈夫か―漁業は三陸から生まれ変わる 」は、日本の漁業の危機的な …

最高の「起業の教科書」。書評「未来を切り拓くための5ステップ: 起業を目指す君たちへ」(加藤崇)

  2014/07/20   

起業して成功した人の成功物語を描いた書籍は、世の中に山ほどあります。起業をすすめ …

どちらのチームが自分の特徴を発揮できるか。2014年J1第15節 清水エスパルス対川崎フロンターレ プレビュー

  2014/07/19   

2014年J1第15節、川崎フロンターレの対戦相手は清水エスパルス。セレッソ大阪 …

現代に生きる人が抱えるジレンマを丹念に考察した名著。書評「暇と退屈の倫理学」(國分功一郎)

  2014/07/18   

本書を読み終えて、思い出したのはTHE BOOMの「手紙」という歌のこんな1節で …

目でプレッシャーを感じた前半。いつも通りの後半。2014年J1第12節 セレッソ大阪対川崎フロンターレ レビュー

  2014/07/16   

2014年J1第12節、セレッソ大阪対川崎フロンターレは、2-1で川崎フロンター …

ワールドカップ基準をJリーグにも。2014年J1第12節 セレッソ大阪対川崎フロンターレ プレビュー

  2014/07/15   

2014年J1第12節、川崎フロンターレの対戦相手はセレッソ大阪。ACLの試合を …

力を出し惜しみしない。後の事も考えない。自分の力で登るしかない。書評「登頂 竹内洋岳」(塩野米松)

  2014/07/12   

世界には標高8000メートル以上の高峰が14座存在しますが、日本人で初めてそれら …

知らない本に出会えるのは、楽しい。書評「伊藤まさこの雑食よみ 日々、読書好日。」

  2014/07/10   

本書「伊藤まさこの雑食よみ 日々、読書好日。」は、スタイリストの伊藤まさこさんが …

今こそ、日本サッカーには李国秀が必要だ。書評「Lee’s Words―ヴェルディ総監督730日の戦い」(李国秀)

  2014/07/08   

ワールドカップ期間中、この記事を読んで、改めて本書を読み直してみました。 日本の …