超限戦

本書は、1999年に発表された中国軍大佐の喬良と王湘穂による戦略研究に関する書籍です。

たくさん人を割く戦争はとっくに終わっている

本書を読むまで、僕は戦争というのは、軍師のような立場の人がいて、緻密な戦略をたて、軍師の戦略 ...

Bリーグ, スポーツ

FIBAバスケットボール ワールドカップ2019 アジア地区 1次予選(Window2)、日本代表対チャイニーズ・タイペイ代表は、69-70でチャイニーズ・タイペイ代表が勝ちました。この試合を観終えて気になった点が2点あったので、自分 ...

サッカー

AFCフットサル選手権2018決勝 日本代表対イラン代表は、0-4でイラン代表が勝ち、日本代表は準優勝となりました。僕にとって、2017年以降バスケットボールと同じくらいよく観るようになったスポーツが、フットサルです。2017年1月に ...

, 音楽

1993年、TOKYO FMで、日曜日14時から一つのラジオ番組が始まりました。

そのラジオ番組とは、「山下達郎のサンデーソングブック」。「古くても良質な音楽」を、山下達郎さんが自ら音質を調整した上で、「最高の選曲。最高の ...

最近「行動経済学」という言葉を目にするようになりました。「行動経済学」とは、今までの経済学は「人間は必ず合理的な経済行動をするもの」という前提で構築されてきましたが、実際は、それでは説明できない、非合理なふるまいを多くしていることが分 ...

本書「考えの整頓」は、「ピタゴラスイッチ」や、「だんご三兄弟」など、数多くの映像作品を手掛けた佐藤雅彦さんが、雑誌「暮しの手帖」に連載していた同名のエッセイをまとめた1冊です。

感覚を言葉に置き換え、ルールとしてまとめる

「 ...