nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2015年J1セカンドステージ第12節 アルビレックス新潟対川崎フロンターレ プレビュー「相手の守備をいかに外すのか」

   

2015年Jリーグセカンドステージ第12節、川崎フロンターレの対戦相手はアルビレックス新潟です。 今日のポイントは2点あります。

アルビレックス新潟のボランチはどこまで追いかけてくるか

1つ目は、レオ・シルバと中村憲剛の対決です。お互い力を認め合う選手同士ですが、どちらが力を発揮出来るかが、どんなプレーをするかが、勝敗を左右すると思います。

中村はファーストステージの終盤、コンディションを崩し、スタメンを外れていました。途中出場で結果を残していたので、このまま途中出場が増えていくのではないかと思っていたのですが、セカンドステージに入るまでにコンディションを立て直し、スタメンの座を確固たるものにしました。セカンドステージに入ってからは、継続的に高いレベルのプレーを披露しています。

中村自身はたぶん特別なことは何もやっていないのだと思います。ただ、練習と試合で出来る事を積み重ねていった結果、再び高いレベルでプレー出来るようになっただけだのだと思います。こういう中村の姿勢は、チームによい影響を与えていると思いますし、中村はこうして自分のポジションを守り続けたのだなと、改めて感じます。

個人的には、レオ・シルバを含めたアルビレックス新潟のダブルボランチが、どこまで中村と大島を捕まえにくるのかも、注目したいと思います。前節の名古屋グランパス戦では、3バックの前に必ず大島と中村のいずれかがポジションを取り、3バック+1名の4人でボールを回しながら、相手ゴール前までボールを運んでいました。

名古屋グランパスは3バックの位置まで下がる、中村と大島をマークするのをためらい、マークにつかなかった結果、2人が自由にプレーすることが出来ました。アルビレックス新潟のボランチは、たぶん中村と大島が下がってきても、マークについてくると僕は予想しています。その時、田坂、エウシーニョ、中野といった選手たちが、上手くパスを受けることが出来れば、アルビレックス新潟の守備を外すことが出来ると思います。ここで捕まってしまうと、アルビレックス新潟のペースになるはずです。

相手のロングパスを使った攻撃への対応

2つ目は、相手のロングパスを使った攻撃への対応です。

アルビレックス新潟は、ボールを奪ってから、素早く相手ゴール前まで攻めこむパターンを得意としています。しかし、自分たちがボールを持っている時は、サイドバックの背後のスペースにロングパスを蹴り、FWがボールを受けることで、攻撃の起点を作ろうとします。

川崎フロンターレは3バックで戦うことが予想されます。したがって、アルビレックス新潟が蹴りこんでくるであろうスペースを、3バックの小宮山や武岡がカバーするのか、あるいはMFのエウシーニョや中野を下げてカバーさせるのか、判断に迷う場面が出てくるのではないかと思うのです。

3バックがカバーすれば、ゴール前にスペースが生まれやすくなり、MFのエウシーニョや中野がカバーすれば、攻撃の時の人数が足りなくなり、ボールを相手ゴール前まで運ぶのに時間がかかってしまいます。前節の名古屋グランパス戦では、相手にボールを奪われてから、素早く守備をすることで相手からボールを奪い返すことで、ロングパスを使った攻撃を防いでいましたが、この試合でも同じように守備が出来るのか、あるいは出来なかった時にどう対応するか、注目したいと思います。

川崎フロンターレは、DFがボールを持った時、素早く守備をしてくるチームを苦手としています。アルビレックス新潟は、どちらかというと苦手なタイプのチームです。苦手なチーム相手に、好調なチームがどう戦うのか楽しみです。

おすすめ商品

 - , , ,