nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年ナビスコカップ予選リーグ第3節 アルビレックス新潟対川崎フロンターレ プレビュー「結果を残して這い上がるのがプロ」

   

2016年ナビスコカップ予選リーグ第3節、川崎フロンターレの対戦相手はアルビレックス新潟です。この試合では、3人の選手に注目しています。

サテライトのチームを仕切る橋本晃司

1人目は、橋本晃司です。サテライトリーグ第2節の鹿島アントラーズ戦を観に行った時、最も目を引いた選手が橋本でした。試合を観終わって、サテライトのチームを仕切っているのは橋本なんだなという印象を受けました。ボランチとして、チームが「いつ」「どこに」攻撃するかをコントロールしながら、自らFWの位置まで走りこんでボールを受ける動きを何度も続け、迫力ある攻撃を牽引していました。

特に、FWの位置まで走りこむ動きは、中村や大島にはない動きだったので、チームの新たな武器になるのではないかと感じていましたので、サテライトリーグの試合を観終わった後、橋本はリーグ戦やナビスコカップでも、出場機会が増えてくるんじゃないかと思っていました。

ところが、ここまでの橋本の出場機会は、ナビスコカップ第2節のアビスパ福岡戦の8分間のみ。本人は悔しい気持ちを抱えているはずです。僕としても意外でした。したがって、スタメン出場が予想されるこの試合では、絶対に結果を残したいと思っているはずです。

結果にこだわる狩野健太

2人目は、狩野健太です。狩野は橋本とは逆に、リーグ戦は開幕3試合連続と、チャンスを与えられた選手です。ところが、3試合とも結果を残せず、特に第2節の湘南ベルマーレ戦、第3節の名古屋グランパス戦では前半で交代。悔しい気持ちを抱えているはずです。

狩野本人がコメントしていますが、求められているのはゴールとアシストです。いかに、チャンスを作り、チャンスを決められるか。それが出来ていれば、スタメンを外れていないはずです。したがって、絶対に結果を残したいと思っているはずです。

もう言い訳が許されない三好康児

3人目は、三好康児です。三好はナビスコカップの第2節のアビスパ福岡戦で、プロ入りして初めてフル出場。少しづつ実績を積み上げつつあります。しかし、いまだノーゴール。アシストもなく、川崎フロンターレのMFとしては、もの足りない成績です。

三好は高校を卒業して2年目の選手です。1年目は「まだ1年目だから」とサポーターも温かい目で見守ってくれてましたが、2年目はそうもいきません。コンスタントに結果を残さなければ、若くてもチームで生き残っていくことは出来ません。それは、同じ高卒2年目の板倉も同様です。2年目だから、という言い訳は通用しないのです。したがって、本人は絶対に結果を残したいと思っているはずです。

自分で何とかするのが大前提

こうした、3人の結果を残したいと思っているであろう選手をとりあげましたが、アビスパ福岡戦で感じたのは「俺がなんとかするんだ」という思いが、三好しか感じられなかったことです。アビスパ福岡戦は、プレーしていた多くの選手が「誰かがやってくれる」という思いでプレーした結果、なんとなくボールは保持出来ているけど、セットプレーで失点して負けるという最悪な結果につながった気がしています。

川崎フロンターレのサッカーは、個人個人の技量の高さが前提で成り立っているサッカーです。個人個人の技量は、「俺がなんとかする」「自分で状況を切り拓く」という思いが前提としてあって、初めて発揮されるものです。良い時の川崎フロンターレのように、相手を圧倒するようなサッカーは、この試合では見られないかもしれません。だからこそ、この試合では、「俺がなんとかする」「結果を残したい」という選手たちのプレーに注目したいと思います。

おすすめ

 - , , , ,