nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年ナビスコカップ予選リーグ第3節 アルビレックス新潟対川崎フロンターレ レビュー「攻守の問題を解決する糸口が見えた試合」

   

2016年ナビスコカップ予選リーグ第3節、川崎フロンターレ対アルビレックス新潟は、5-0で川崎フロンターレが勝ちました。

「自分で何とかする」姿勢を表現した選手たち

この試合のポイントとして、橋本、狩野、三好という3人を取り上げ、「自分で何とかする」という気持ちをプレーで表現し、結果に残せるかだと、プレビューに書きました。3人とも「自分で何とかする」という気持ちを、プレーで表現してくれました。橋本は1得点、狩野は2得点、そして三好は全得点に関係する活躍をみせてくれました。

特に三好は、「自分で何とかする」「結果を残したい」という思いを、プレーで思いっきり表現してくれました。シュート数は両チーム最多の6本。フリーの味方がいても、自分でシュートが打てると思ったら打つ姿勢は、観ていて気持ちがよかったです。

抱えていた攻撃の課題を一時的に解決

この試合の川崎フロンターレは、アルビレックス新潟の守備が「いつ」「どこで」ボールを奪いに行くのか明確になっていないこともあり、簡単にフリーな状態でプレー出来ました。したがって、前方を向いて、ゴール方向に向かってドリブル、パスをつなぐプレーが増え、シュートチャンスを増やすことが出来ました。

リーグ戦、ナビスコカップを通じて、川崎フロンターレは、縦方向のパスが少なく、ボールをテンポよく相手ゴール前に運べないという問題をかかえていました。ボールをテンポよく相手ゴール前に運べないため、シュートチャンスも少ない。新加入選手の適応や選手の組み合わせの問題も重なり、簡単に解決する問題ではないと思っていました。

ところが、この試合では、普段出場機会の少ない選手たちが、縦方向にボールをテンポよく運び、シュートチャンスを創りだす、川崎フロンターレらしいテンポのよい攻撃を披露しました。課題が解決したというよりは、アルビレックス新潟の守備に問題があったゆえに披露出来た攻撃だと思いますが、その事を差し引いても、5得点、無失点は素晴らしい結果だったと思います。中村、エウシーニョ、小林といった選手も出番なし。これほど安心してナビスコカップの試合を観れたのは、久々でした。

なぜチョン・ソンリョンがスタメンだったのか

試合の結果には直接的に関係ありませんが、僕はこの試合のスタメンを知った時、「なぜ、チョン・ソンリョンがスタメンなんだろう」と思いました。ナビスコカップは2試合とも新井がスタメン出場していましたが、この試合は中3日で、チョン・ソンリョンがスタメン。連戦中で、怪我人がいるわけでもないのに、チョン・ソンリョンがスタメン出場したのが疑問に残っていました。

本人が出場を望んだ、実は怪我人がいた、などなど色々な理由を考えましたが、たどりついた僕なりの仮説は、「実戦でしか克服できないコミュニケーションの問題や、感覚の問題を解決しておきたい」からだったではないのでしょうか。

チョン・ソンリョンはシーズンが開幕してから、確実なキャッチングと正確なキック、そして素晴らしいセーブをしても態度を変えない振る舞いによって、チームに安心感と安定感をもたらしました。ところが、DFの足や身体が重なって見えにくかったシュートを止めきれなかったり、DFとのコミュニケーションが上手くいかずにピンチをまねく場面もみられました。

見えにくいシュートや、DFとのコミュニケーションの問題は、練習ではなかなか解決出来ません。したがって、連戦になるものの、問題を先送りにするよりは試合で解決しようと考え、アルビレックス新潟戦には、チョン・ソンリョンが起用されたんじゃないか。僕はそんな事を考えました。

攻撃の問題、守備の問題。開幕してから抱えていた問題を解決する糸口が見えた試合だったと、僕は思います。そして、この試合で出場した選手は、リーグ戦の出場機会を増やすきっかけになった試合だと思います。だからこそ、次のサガン鳥栖戦が大切です。中3日でむかえる試合に、どんなメンバーが出場し、どのような試合になるか注目したいと思います。

おすすめ

 - , , , ,