nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第13節 アルビレックス新潟対川崎フロンターレ プレビュー「先制点とカギを握る小林悠」

   

2016年Jリーグファーストステージ第13節、川崎フロンターレの対戦相手はアルビレックス新潟です。

中2日では選手は完全には回復しない

この試合のポイントは、先制点です。サッカーは得点が少ないスポーツなので、先制点を挙げたチームが勝つ確率が高いスポーツだと言われています。したがって、先制点が与える影響は大きいのですが、この試合は特に先制点が与える影響が大きな試合になると思います。

なぜ、この試合が先制点が与える影響が大きいのかというと、両チームにとって、中2日で迎える試合だからです。「サッカーのピリオダイゼーション」というトレーニングメソッドを提唱する、オランダ人のレイモンド・フェルハイエンは、「中2日では選手は完全には回復しない」という考えを提唱しているのですが、レイモンド・フェルハイエンのメソッドに照らし合わせれば、この試合は「完全に回復していないチーム同士の戦い」になるというわけです。つまり、チームは万全な状態ではありません。

アルビレックス新潟の1試合平均の走行距離は、119.591kmでリーグ2位。Jリーグの中では「走るチーム」ですが、中2日の試合で、普段通りに走りきれるとは思えません。先制点を奪われたチームは、奪い返しにいく時に、中2日で思い通りに動かない身体を、なんとか動かして得点を奪いにいかなければなりません。試合に出てなくても、移動するだけでも身体は疲れます。これは、簡単なことではありません。相手のやる気や走るモチベーションを削ぐためにも、先制点が大切なのです。

先制点のカギを握る小林悠

この試合、注目しているのは小林悠です。前節のヴィッセル神戸戦では、再三のチャンスを決められずノーゴールに終わりました。相変わらず動き出しのタイミングは抜群なので、相手のマークは外せているのですが、トラップするときに足を出して身体の前でトラップするので、シュートを打つときに時間がかかったり、思い通りのキックが出来る場所にコントロール出来ていなかったことで、シュートが上手く当たらなかったり、キックがダフったりしていました。

前節のヴィッセル神戸戦のように、先制点が取れずに相手に先制点を奪われるような展開は避けたいところです。だからこそ、小林にはチャンスを活かして、前半のうちにゴールを決めてもらいたいところです。大島の代わりが誰になるかは分かりませんが、エドゥアルド・ネットが入ったことで、中村のポジションがよりゴールに近くなり、小林のマークを外す動きにあわせて、相手の守備を崩すパスが出てくることが増えました。小林の得点を増やすためのサポート体制は、整いつつあります。

小林は、たしか2016年シーズンの目標に「怪我をしない」ということとあわせて、「得点王」という目標を掲げていました。現在5得点。得点ランキングトップのピーターウタカと大久保とは4得点差。これ以上は差を離されたくないところです。

2015年シーズンのアウェーでのアルビレックス新潟戦では、小林は素晴らしい2ゴールでチームを勝利に導きました。小林悠の動きに注目してください。

おすすめ

 - , , ,