nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第13節 アルビレックス新潟対川崎フロンターレ レビュー「なぜ小林悠は動きは良いのにシュートが入らないのか。」

   

2016年Jリーグファーストステージ第13節、アルビレックス新潟対川崎フロンターレは0-0の引き分けでした。

小林のシュートが入らない理由を考える

この試合のプレビューで、ポイントは「先制点と小林悠」と書きました。先制点がポイントになると思った理由は、ナビスコカップのサガン鳥栖戦から中2日という試合のため、コンディションがよくないと思ったからです。特に、川崎フロンターレは鳥栖でアウェーを戦って、試合の翌日鳥栖から川崎に戻ってきて、すぐに新潟に移動してこの試合を迎えています。サガン鳥栖戦で45分以上戦い、この試合スタメンで出場したのは、谷口、エドゥアルド、車屋、森谷の4人。途中出場したのは、エドゥアルド・ネット、田坂、小林の3人。そして、試合に出てないものの、登里やエウシーニョもベンチ入りしていました。移動するだけでも疲れるこのスケジュールで、普段通りに試合をするのは、簡単ではありません。

だからこそ、この試合を優位に進めるためには、先制点を前半のうちに挙げ、自分たちのペースで試合をコントロールすることが必要でした。そこで、ポイントになると思ったのは「小林悠」です。小林は動き出しのタイミングが上手く、ボールを相手の背後で受けるのに長けた選手です。日本人選手で1番上手いといってもいいかもしれません。この試合も前半何度もチャンスを作り出しました。ところが、背後をとっても、肝心のシュートが決まりません。なぜでしょうか。

小林の身体の使い方については、以前こちらの記事で書かせていただきましたが、改めて書かせていただきます。小林は、特にドリブルしている時、頭と足の先が身体の前に出ていて、おしりが後ろに残っている姿勢でドリブルをしています。姿勢だけ観ていると、「くの字」のようになっているに見えます。(この試合の画像はこちら

この姿勢の何が問題かというと、キックのコントロールがしづらいのです。足が先に出ているため、シュートを打つ時、膝から下を動かして、シュートを打たなければ素早くシュートは打てません。しかし、膝から下しか足を動かさないので、動かす筋肉のパワーも小さく、動かすてこの長さも短いため、強く速いシュートは打てません。したがって、強いシュートを打つために、力を入れて足をふって、シュートを打とうとします。しかし、膝から下で足を振ろうとすると、足の甲が上をむきやすく、シュートが浮いてしまうことがあります。コントロールが難しいのです。

また、身体から遠い場所にボールがあると、足先だけではボールに強い力が伝わらないため、ボールに上手く足がヒットせず、シュートがダフったようになってしまう事があります。小林がボールを止めるまでの動きで相手を外せているにも関わらず、シュートが入らないのは、身体の使い方が上手くないからなのです、ただ、身体の使い方が上手く出来ている試合や場面もあります。そういう時は、ゴールを挙げていたりします。ただ、よい動きが続かないので、この試合のようにコンディションが悪い試合になると、シュートをミスしたり、最後の最後でシュートが打てないといった場面がみられるのです。

今シーズンの小林は、「怪我をしない」事を目標に、身体を一回り大きくしたように思えます。しかし、身体の使い方は以前と変わったようには見えません。大久保のように、身体を効果的に使うことが出来れば、得点王も十分狙えるストライカーだと思います。この試合は、小林がゴールを奪っていれば、勝てる試合でした。サガン鳥栖戦の記事に続いて厳しい事を書きましたが、小林のプレーは好きです。引き続き注目したいと思います。

気になった低すぎる森谷のポジション

この試合、気になったのは前半の森谷のポジションです。エドゥアルド・ネットの真横にポジションをとっている時間が長かったのですが、2人の距離が近すぎるだけでなく、真横にいるため角度もついていないため、相手にとっては守りやすく、味方にとってはパスが出しにくいポジションにいる時間が長く続きました。また、エドゥアルド・ネットの近くにポジションをとっているため、中村との距離が空いてしまい、中村に効果的なパスを出すことが出来ませんでした。

エドゥアルド・ネットは、カバーできるエリアも広く、パスが供給できる範囲も広い選手です。僕は森谷は中村の近くにポジションを取って、ボールを受け続れば、もっと中央から攻撃出来たと思います。森谷のポジションが低いため、中村も時間が経つにつれて下がってきてしまい、大久保との距離が空いてしまい、中央から攻撃する機会が減ってしまいました。もったいなかったと思います。

僕は森谷はもっと出来る選手だと思います。シーズン10得点くらい奪ってもおかしくないくらい、能力を持っている選手です。森谷の本当の凄さは、まだ川崎フロンターレで発揮されていないと思いますが、最近の森谷は以前「大久保や中村に頼らないチームにしたい」といった強気の発言をして、ギラギラしていた頃の森谷のようなプレーでなくなってきているのが気になります。身体の使い方も川崎フロンターレの中では上手い選手です。もっと、出来ます。

中村と大久保頼みではチームは優勝できない

この試合は、チョン・ソンリョン、エドゥアルド、谷口、車屋といった守備の選手の力で負けなかった試合だと思います。こういう試合を負けなくなったのは、チームが強くなった証拠です。しかし、こういう試合を勝ちきり、タイトルを獲るためには、他の選手の活躍が不可欠です。中村、大久保がダメだったらチームもダメ。これではなかなかタイトルは取れません。だからこそ、小林、森谷といった選手の活躍が必要なのです。この試合の田坂のプレーなどは、論外です。

負けなかったことは嬉しいです。しかし、チームが中村と大久保頼みであることも露呈してしまった試合であるとも、この試合を観ていて感じました。次はホームでジュビロ磐田戦。中7日空くとはいえ、コンディションを整えるのは簡単ではありません。どんな試合になるか、注目したいと思います。

おすすめ

 - , , ,