nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

バルサのビルドアップをめちゃくちゃ細かく分析した動画を紹介!

   


バルサのプレーをめちゃくちゃ細かく分析してる「allasFCB」というブログがあるのですが、先日のバレンシア戦のあるシーンを例に、バルサがどうやってビルドアップしているのかを分析していますので、ご紹介します。動画は、次のようなシーンで構成されています。

  1. ダニエウ・アウベスのスローインを受けたピケがディフェンスを交わし、マスケラーノにパス
  2. マスケラーノがボールを受けに来たシャビにパス
  3. シャビからメッシに縦パス
  4. ボールを受けたメッシがターンして、セスクにスルーパス

メッシやイニエスタの動きを見ながら、ボールを出すタイミングを調節するシャビ

まず見て欲しいのは、シャビがボールを出すタイミングです。
マスケラーノからボールを受けたシャビは、パスをする味方を探します。その際注目して欲しいのは、パスを出すタイミングです。シャビがボールを持つと、イニエスタが画面右上に向かって動きます。その動きにDFが引きつけられます。そこに空いたスペースにメッシが動いてパスを出します。シャビが凄いのは、メッシの動きを見ながらパスを出すタイミングを調整するところです。何回も細かくキックフェイントをつかって、タイミングをはかり、ジャストのタイミングでパスを出します。この動きは以下の動画で詳しく見れます。

マークを外すメッシのアクション

次に注目して欲しいのは、メッシのアクションです。シャビからボールを受ける前、一度DFの背後で受ける動きをしてから、ボールを受けるために下がってきます。この動きがあるために、DFはメッシにボールが届くのはわかっているのですが、1歩飛び込めないのです。この1歩を飛び込ませないことで、メッシは持っている技術とスピードを活かすことができているのだと、改めて感じる動画です。詳しくは以下の動画で見れます。

まとめ

バルサのビルドアップの真髄は、こういった細かい動きによって成り立っています。どうしても試合を観るときは、ボールのある選手の動きに注目してしまいますが、ボールを持っていない選手のもらう前の動きや、ボールを持っている選手が、なぜそのような動きをしているのか、考えながら見るとよりサッカーを楽しめると思います。

関連情報

おすすめ商品

バルサの戦術を詳しく知りたい方は、こちらがおすすめです。

 -