nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1セカンドステージ第16節 鹿島アントラーズ対川崎フロンターレ レビュー「勝ったことで次につながった試合」

   

2016年Jリーグセカンドステージ第16節、鹿島アントラーズ対川崎フロンターレは、1-0で川崎フロンターレが勝ちました。

ボールも運べず、相手に距離を広げられる

川崎フロンターレの対戦相手は、川崎フロンターレがボールを持った時、主に2つのパターンで守備をしてきます。1つ目は、川崎フロンターレのDFがボールを持ったら、素早くボールを奪いにくるチームです。2つ目は、守備者1人1人の距離を短く保ち、川崎フロンターレが縦方向にパスを出した瞬間に素早く距離を詰め、ボールを奪おうとするチームです。川崎フロンターレは、2つ目のパターンで戦ってきました。

川崎フロンターレは、これまで対戦相手が2つ目のパターンで戦ってくれたほうが楽に戦えたのですが、この試合の前半はボールをスムーズに前方に運ぶ事が出来ません。センターサークル付近にいる鹿島アントラーズのFW2人に対して、川崎フロンターレの選手4人でボールを回しているのですが、数的優位を活かして、スムーズにボールを運ぶ事が出来ません。数的優位な後方で優位に戦えないため、攻撃を仕掛けたい前方には人数が足りず、なかなか攻撃を仕掛けられない時間帯が続きました。また、スムーズにボールが運べないため、大久保と中村が後方に下がり、ますますボールが前方に運ばれないという悪循環にが続きました。

また、鹿島アントラーズはボールを持つと、多くの場合、川崎フロンターレのDFの背後にロングパスを出して攻撃を仕掛けてきます。このロングパスによって、川崎フロンターレのDFラインが後方に下がってしまうため、攻撃を仕掛ける時、選手間の距離が広がってしまい、スムーズにパス交換が出来ない時間が続きました。また、鹿島アントラーズのロングパスは、サイドのスペースを狙って出される事が多いのですが、鹿島アントラーズのFWが、中央からサイドに動くため、中央に位置している谷口がサイドに移動させられてしまい、何度も中央を守る選手がいないという事がありました。

川崎フロンターレは、攻撃と守備の問題を解決するため、前半25分くらいから3-5-2でスタートしたフォーメーションを、4-4-2に変更します。センターバックの2人とエドゥアルド・ネットの3人で前方にボールを運ばせるだけでなく、鹿島アントラーズの攻撃に対して、センターバックの1枚がサイドに移動しても、もう1人のセンターバックとサイドバックが空いたスペースをカバーするようにするようにしました。そして、後半からは田坂とエウシーニョのポジションを変更し、エウシーニョをサイドバックに移します。田坂がどうしてもファブリシオを警戒して下がってしまうのと、攻撃の時にエウシーニョが後方から出ていく力を活かそうとしたからです。森本のゴールは、エウシーニョから生まれました。見事にポジション変更が当たりました。

森本の課題は、ゴールにつながる局面以外のアクション

森本はゴールは奪いましたが、それ以外は全くよいプレーが出来ていません。森本の問題は、ゴール前以外の局面で、ボールを受けようというアクションを全くしない事です。他の選手が森本をみていても、ゴールにつながらないと思ったら、受ける、外す動きをしません。ただ、技術も、スピードも、身体の強さもあるので、慣れてくればもっとボールを受けられると思いますので、今後に期待したいと思います。また、今日は急な出場ということで、身体が準備出来ていなかったのか、少し身体に力みがみられました。この点については、引き続き注目したいと思います。

中野には9回失敗しても1回の成功目指してトライして欲しい

この試合、中野は途中出場で途中交代という、選手としては屈辱的な扱いを受けました。しかし、僕は中野は良いプレーをしたと思います。この試合の中野に求められていたのは、10回中9回ボールを奪われてもいいから、1回の決定機のために仕掛け続ける事です。中野がボールを奪われる機会が多かったので、よいプレーをしたように見えなかった人も多いと思いますが、中野はミスしてもミスしても、何度もトライして、局面を打開しようとし続けました。また、中野の課題であった、パスをした後動き続けるというプレーも出来ていました。

途中交代したのは、1-0で残り5分という時間帯で、トライし続けるプレーをされても困るので替えたというだけです。中野はこの試合のようなプレーを続けられれば、今後の試合でもチャンスはあると思います。今後も期待したいと思います。

タイトルへの想いをプレーで表現した大久保

この試合、僕は大久保のプレーに注目していました。シュート数だけ見ると、2試合連続シュート0ということで、FWとしてよいプレーが出来ていなかったと捉える人もいるかもしれません。しかし、この試合の大久保は、チームが勝つために、いま自分が出来ることをやろうという姿勢をみせてプレーしてくれました。守備の時に相手に対して素早く距離を詰め、パスコースを限定し、攻撃の時には積極的にボールを受けに動きました。たとえゴールから遠くなろうとも、ボールを受ける動きを繰り返しました。移籍の噂など色々取りざたされる中、プレーでチームに対する想いや、タイトル獲得にかける想いを表現してくれました。

特に、小林が負傷交代してからは、久しぶりに相手がボールを奪いに来たら、素早くターンしてキープするという動きがみられました。チームメイトも、苦しくなってから、思い出したかのように、大久保にボールを集め始めました。久しぶりに、大久保にボールを集めて攻撃する仕掛けるプレーがみれて、僕は嬉しかったです。もしかしたら、大久保は小林が好調なので、小林がやりやすいように気を遣ってプレーしていたのかもとも思うほど、小林が負傷交代してからの大久保のプレーは、素晴らしかったです。4年連続得点王は難しくなりましたが、僕は今後大久保が活躍するよいきっかけになったと思います。

まだまだ課題は残ります。これからは負けられない戦いが続きます。次のガンバ大阪戦にどのようなプレーをするのか、注目したいと思います。

おすすめ

 - , , ,