100の基本-本は読むもの、飾るものではない。読んだら処分。-

nishi19 breaking newsでは、松浦弥太郎さんの著書「100の基本」に掲載されている「100の基本」から、1日1つの言葉を紹介してきます。

今日は「本は読むもの、飾るものではない。読んだら処分。」です。


本を所有する「蔵書」という感覚がありません。
本棚に飾る、読むべき本をストックする、
系統的にそろえていくという主義はありません。
本は読むものであって、読んだら役目は終わります。

よほどのことがない限り、読み終わったらすぐに処分。
人にあげる、寄付をする、やり方はいろいろあります。
これは物を増やさないための考え方でもあります。

今日も、「nishi19 breaking news」に来てくれてありがとうございます。

関連記事

100の基本-いろいろなジャンルの最高と最低を知る。-
100の基本-「絶対」「普通」という言葉を使わない-
100の基本-種をまき、水をやり、育て、収穫をする。農夫であれ。-

関連商品