100の基本-上等な身だしなみを心がける。ポケットに手を入れない。-

nishi19 breaking newsでは、松浦弥太郎さんの著書「100の基本」に掲載されている「100の基本」から、1日1つの言葉を紹介してきます。

今日は「上等な身だしなみを心がける。ポケットに手を入れない。」です。


素材がいいもの。ていねいにつくられているもの。
流行に左右されない、ベーシックで質のいいもの。贅沢とは違います。
高いと一目でわかるブランド品とも違います。
「本質的に上等」という身だしなみをすることは、
相手に対するマナーであり、敬意の表明とも言えます。
だからこそどんなにいい服を着ても、ポケットに手を突っ込んだ時点で、
台無しにすることも忘れずに。

今日も、「nishi19 breaking news」に来てくれてありがとうございます。

関連記事

100の基本-時間と仲良くなる。時間に好かれる仕事と暮らし。-
100の基本-本は読むもの、飾るものではない。読んだら処分。-
100の基本-いろいろなジャンルの最高と最低を知る。-

関連商品