毎朝6時55分に真心ブラザーズの「朝が来た」を聴いて、Bob Marleyのソウルを感じる。

2015/11/07

平日の朝、NHK Eテレを観ていると、6:55になると必ずある歌が流れます。
黄色いバックに、キャラクターが踊りながら流れる歌の名前は「朝が来た」。
朝の明るさが音楽と歌からよく伝わってくる1曲です。

Bob Marleyの曲を真心ブラザーズがカバー

原曲はBob Marleyの「Soul Captives」。
歌っているのは真心ブラザーズで、日本語の作詞を佐藤雅彦さんが担当しています。佐藤雅彦さんは「バザールでござーる」といったCMの制作を長年手がけただけでなく、「だんご3兄弟」といったヒット曲の作詞を手がけたことでも知られています。

原曲は、Bob Marleyらしい自由への賛歌となっていますが、日本語の歌詞は原曲の雰囲気を壊さずに、新しい1日の始まりを上手く表現しています。なお、Bob Maleyの曲に、日本語の歌詞がのるのは、この曲が初めてなんだとか。

2分弱の中に音楽の魅力が凝縮された1曲

また、「朝が来た」に興味をもった方は、ぜひ原曲を聴いてください。真心ブラザーズが演奏した「朝が来た」と比べると、原曲の「Soul Captives」の演奏には厚みがまったくありません。

ペラッペラなギターの音、スッカスカなドラムが鳴っていて、お世辞にも演奏が上手いとは言えないのですが、なぜかうまく組み合わさって、素晴らしいグルーヴが生まれています。

2分弱の曲ですが、音楽の魅力が凝縮された1曲です。
ぜひ聴いてみてください。

Bob Marley「Soul Captives」

歌詞

Tra la la la la soul captives are free,
Tra la la la la soul captives are free.

When you wake up early in the morning and you feel like devil in the sun
Time slips away without you knowing cause freedom day will come,
Tra la la la la soul captives are free.

(Chorus then repeat body)

(意訳)
朝早起きしたら、太陽の下で悪魔を感じる。
時は知らぬ間に過ぎ去ったとしても、自由な日はやってくる。
Tra la la la la 魂の捕虜は自由になる。

真心ブラザーズ「朝が来た」

歌詞

朝がきた 朝がきた
今日も 朝がきた

昼がくる 昼がくる
そのつぎ 昼がくる

地球が半分回りゃ
そのつぎ 夜がくる

もう半分 回ったら
つぎの日だ

朝がきた 朝がきた
今日も 朝がきた

シャラララララ シャラララララ
だから大丈夫

お日さま 高く上がりゃ
影は 短くなるさ

空を あおげば
光る雲

シャラララララ シャラララララ
そして 朝がくる

シャラララララ シャラララララ
地球は回ってる

朝がきた 朝がきた

関連商品

Greatest Hits

1,500円
(2014.03.27時点)
posted with ポチレバ
Keep on Traveling

2,000円
(2014.03.27時点)
posted with ポチレバ