nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

エジソンは商品を発明するだけでなく、使い方も発明した。

   

昨日こんなツイートを読みました。

使ってもらうことまで考えていたエジソン

子供の頃読んだ本には、エジソンは新しい商品を発明した発明家とだけ、書かれていた気がします。しかし、大人になってみてわかるのは、商品はただ作っただけでは使われないという、当たり前の事です。作った商品が実際に使れわなければ、ただの自己満足です。商品を使ってもらうために、商品の事を人々に広める必要があるのです。

電話を発明したのはグラハム・ベルですが、電話を誰にでも使える形にしたのは、エジソンだと聞いたことがあります。この「helloと言う」というエピソードからも、どう商品を使ったら良いのかということまで、エジソンは考えていたんだなぁということが、分かります。

商品を使ってもらうため、新たな習慣も作る

ちなみにエジソンは、トースターを発明した時、トースターを売るために朝食を食べる習慣を推奨し、トースターとあわせて宣伝しました。その結果、今まで1日2食だった食事が、1日3食になったと言われています。

エジソンは、ただ商品を作るのではなく、商品を使ってもらうために、人々の習慣も変えてしまったのです。iPhoneが作られたことによって、通勤時間に人々がスマートフォンを見るようになったように。

本当にすごい商品は、人の習慣や行動も変えてしまう

本当にすごい商品は、人の習慣や行動も変えてしまうのだと思います。

ただ、僕自身は、1人の商品を使う人の立場として、本当にその商品が必要なのか、本当にそのサービスを利用するべきなのか。判断する思考能力は、常に持っていたいとも思うのです。お金を払えば誰でもサービスを受けられる時代になったからこそ、「なぜ、この商品を買うのか。」「なぜ、このサービスを使うのか。」考えて選ぶ必要があるなぁと感じます。そして、選べる権利を持っていることは、凄いことだとも思うのです。

サービス とけい編

関連記事

サービスとは何でしょうか。

関連商品

 -