2017年新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

nishi19 breaking newsも2017年で6年目を迎えます。2016年は本当に予想外の事がたくさん起こりました。1月の日本スポーツアナリティクス協会のオープンセミナーをきっかけに、Bリーグの方と親しくなり、今まで興味がなかったバスケットボールに、強く興味をもった1年でした。特に様々な方々と親交を深められたこと、そして何より長女がアルバルク東京のディアンテ・ギャレットのファンになったのは、Bリーグが開幕していなければ、あり得なかったことだと思います。

2016年の抱負として、「様々な人に積極的に会いにいく」ということを挙げましたが、本当に多くの人にお会いし、様々なお話をすることが出来ました。2016年様々な方とお会いして、お会いしてくださった方の反応には、2通りあることが分かりました。1つ目は、僕が「どんな職種の人か」「どんな会社に所属しているのか」を気にしている人。そして、もう1つは、僕が「何を話すのか」を気にしている人です。前者の人とは、全く話が噛み合いませんでした。しかし、後者の方とは、最初訝しげに見られながらも、話を続けていくうちに僕のことを理解してもらい、親交を深め、意見交換出来るようになってきました。

2017年にやりたいことは、3つあります。

1つ目は、2016年もやりたいこととして挙げた、電子書籍の出版です。現在、3年間書き溜めた川崎フロンターレ関連の原稿を整理しております。時間が想像以上にかかっていますが、どうにか形にして、発表したいと思います。

2つ目は、ボランティアとしてサポートしてきた、スポーツとテクノロジーの分野に関する活動について、少しずつ仕ことして引き受けていこうと思います。周囲の方からも、仕事としてやってもらったほうが依頼しやすいことがあると言ってもらいました。遠慮していたのですが、少しずつ会社の理解も得られつつある(はず)ので、今の環境で出来る範囲で、新しい仕事に挑戦していきたいと思います。

3つ目は、「何者ですか?」ともっと多くの人に言われることです。2016年最も人から言われて印象に残った言葉は、「何者ですか?」かもしれません。僕のブログに興味をもって話をしてくださった方ほど、僕に対して「何者ですか?」と聞きました。まあ、僕は何者でも良いのですが、今年も「何者ですか?」と言われるくらい、多くの人に会いたいと思います。子供が生まれてから、ほとんど関東圏から出ていないので、そろそろ他の地域や海外にも行きたいです。

やりたいことをやるために、やめたこともあります。スカパーを解約しました。メルマガや有料コンテンツの購読もやめました。そして川崎フロンターレのプレビュー、レビューを書くこともやめました。会社の飲み会に行くことも止めました。10年以上続けてきた、社会人チームでのプレーも止めました。フットサルに参加する回数も減らしました。

2017年は、どんな年になるのか。いま想像していることなんかより、より楽しい、より辛い、そんな1年になるという予測のもと、健康にだけは気をつけて、少しずつ前に進んでいこうと思います。

2017年もnishi19 breaking newsをよろしくお願いいたします。