nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

ブログを続けてよかったこと

   

ブログを続けててよかったなと思うのは、ブログを読んで頂ける方のコメントを読んだ時です。Football-Labへの寄稿も、僕のブログを読んでいた方がデータスタジアムの社内にいらっしゃったことがきっかけでした。ブログを始めて4年目になりますが、ようやく読者の方がいらっしゃることを意識して運営出来るようになってきました。

ブログを始める前に会うことが出来なかった人に会えるようになったことも、ブログを続けててよかったと思う点です。会った時は僕の事が何者か分からなくても、ブログを読んだあとに連絡をもらえるということもありました。日本スポーツアナリスト協会の活動を通じて知り合った方々も、ブログを書いてなければお会い出来なかったし、ここまでいろいろなお話は出来なかったと思います。

ブログを始めた時、スポーツに関する仕事に興味があるけど、自分自身がどのくらいスポーツに興味があるのか、スポーツに詳しいのか、そして自分自身にスポーツに関する仕事をした時に何が出来るのか分からなかったのですが、日本スポーツアナリスト協会の活動を通じて、そして、スポーツに関する仕事で活躍されている人々のお話を伺って、何が出来るのか少しずつ分かってきた気がします。冗談半分だと思いますが、「Daznで解説やればいいじゃん」なんて話をされた事もありました。

ただ、とても有益な情報を得られる反面、得た情報をどうやって活用するかについては頭を悩ませていました。ブログを活用して僕が得た情報を伝えたいと思う反面、上手く伝えないと誤解をまねくので、悩ましいと思った事があります。

2017年からnoteを始めた理由は、「お金を頂く価値のあるコンテンツが提供できるのか」「違うチームの分析もできるのか」といった事にチャレンジしたかったのもありますが、理解ある人だけ読んでもらいたい情報を限定して公開したい時に活用したいと思ったからです。ブログを通じてお会いすることが増えた、バスケットボール、フットサル、フェンシング、オリンピック組織委員会、スポーツを支える企業の担当者の方々のお話を少しでも紹介したいと思っています。

このブログは、今後は気軽に書きたい事を書ける場所として、ゆるく更新していきたいと思います。ブログ開始当初はこんなエッセイを書いていたのですが、最近書いてなかったので、誰が読むかは分かりませんが、また書き始めたいと思います。やめたい理由はたくさんありますが、これからも細々とでよいので、誰も読まなくなっても、続ける理由を探して、続けていきたいと思います。

おすすめ

 -