2チームのレビュー・プレビューを書くのは本当に大変でした。

12月2日に行われた、J1昇格プレーオフ決勝が終わり、僕にとっての2017年シーズンは終わりました。僕にとって、2017年シーズンは、新たな2つの試みを実践したシーズンでもありました。

2チームのプレビュー・レビューを書く

1つ目は、2チームのプレビュー・レビューを書くということです。1チーム目は、2014年から書いている川崎フロンターレ。そして、もう1チームは2017年シーズンはJ2で戦うことになった、名古屋グランパス。僕はレビューを書く時に、最低でも2回は試合を観るようにしています。気になった点があれば、3回以上観る試合もあります。僕はサッカー選手でもありませんし、スポーツライターでもありませんので、文才もありません。才能がないのであれば、時間をかけるしかありません。それを、2チーム分やるということは、大きなチャレンジでした。

正直言うと、1年前の僕は、「もうサッカーの事を書くのは止めよう」と思っていました。時間も手間もかかる書き方をしていますし、思い入れもあったので、負けたりすると精神的にしんどかったので、さすがにもう続けるのは難しい。そう思ったのです。2チームで続ける事にしたのは、思いつきです。もし続けるなら、もっときつい方法を採用しないと続かない。そんな事を考えて、2チームで書くことにしました。もちろん、風間監督がJ1に上がる事を目標にしているチームに対して、どんなアプローチでチームを作るのか、興味もありました。

有料にした理由

2つ目は、noteでレビューを有料で読めるようにしたことです。noteで有料にした理由は、Twitter経由で他のチームのサポーターと思われる方から誹謗中傷がたくさん届くことがあり、こんな思いをするくらいなら止めようと思った時、誹謗中傷に耐えかねて止めるなんて腹立たしいから、だったら読みたい人だけ読んでもらえるように、有料にしよう。そう考えたからです。お小遣い稼ぎになると思ったのは、実際に書いた記事が売れてからでした。

正直言うと、書いた後に誹謗中傷が届かなくなっただけで、僕は大分気が楽になりました。これなら続けられる。2017年シーズンは、そんな思いでスタートしました。

こんなに大変だとは思っていなかった

僕は始まる前に、1つ勘違いをしていました。それは、リーグのスケジュールです。2016年までは、J1が土曜日、J2が日曜日というスケジュールで主に試合を開催していました。ところが、2017年シーズンからは、DaznでJリーグの試合が配信されるようになり、チャンネルの枠にとらわれずに試合を運営出来るようになったので、運営者側の都合でスケジュールが組まれるようになりました。したがって、J1とJ2が重なる日が何試合もあり、僕は1日で2試合分の試合を観て、原稿を書くという苦しみを何度も味わう事になりました。

結果的に、川崎フロンターレはJ1リーグ優勝、名古屋グランパスはプレーオフを勝ち抜き、J1昇格を決めました。

印象に残っている試合

ただ、僕自身は全く感慨はありませんでした。川崎フロンターレの優勝の瞬間は、SAJ2017の担当セッションが終わった直後。控室に戻り、川崎フロンターレのホームゲームに毎試合駆けつけるのに、この日はSAJ2017で開催される「スポーツアナリティクス甲子園」の司会を担当していたデータスタジアムの加藤さんに「勝ちましたよ!」と声をかけたら、僕以上に狐につつまれたような顔をしていたのを、僕は忘れることはないでしょう。その後、「川崎でしたね」と声をかけたら、ぶっきらぼうに「僕は川崎が勝つと思ってましたよ。だって運が川崎に向いてましたから」と答えた岩政大樹さんの顔と声も、忘れることはないと思います。僕が知らないだけかもしれませんが、岩政さんは本当にそんなこと言ってたのかなぁ。

印象に残っている事があるとしたら、J1昇格プレーオフ準決勝で、名古屋グランパスがジェフユナイテッド千葉に勝った試合でしょうか。7連勝中のジェフユナイテッド千葉が優位と言われ、名古屋グランパスのファンは「自分たちの試合をして勝つしかない」という声が多かった中、「相手の強みを消すような対策を仕掛けてくるはず」と事前に予想した上で、当日のプレビューで「3-4-3にすると思う」と書いた予想があたったのは嬉しかったです。ただ、嬉しかった反面、まだまだ風間八宏という監督の事を、きちんと理解している名古屋グランパスのサポーターは少ないのだなとも感じました。

2018年はどうするのか

2018年は、J1は引き続き川崎フロンターレの試合について書こうと思います。では、J2はどうするか。僕はもう決めています。J2は、松本山雅FCのレビューとプレビューを書こうと思います。僕は、川崎フロンターレ以外のJリーグのチームで、必ず観ていたのが松本山雅FCでした。反町さんの契約更新も決まったので、反町さんのサッカーを本腰いれて追いかけてみようと思います。

Jリーグの試合が行われていない期間は、海外サッカーのこと、僕がサポートしているスポーツアナリティクスのこと、バスケットやフットサルのこと、そしてサッカー以外の事を、ブログに書いていきたいと思います。特に、最近は書評を書く時間がとれず、なかなか本を読み終えても、更新する事が出来ずにいました。このタイミングで、人に読まれなくてもよいから、書きたい事を書いていきたいと思います。

いつも、nishi19 breaking newsを読んで頂きありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願い致します。