サッカーも書評も書かないブログに何を書くのか

noteにサッカーと書評のことを書くと決めたとき、このブログを閉じることも考えた。
当然だと思う。自分でサーバーを借りて、ドメインを登録しているので、維持費はただじゃない。
SSL化も面倒でやってないし、メンテナンスも大変だと考えたとき、このブログを閉じてしまった方が楽なのではないか。そう考えた。

ただ、ふと思いとどまった。2012年に始め、6年も運営しているブログを簡単に閉じる気にはなれない。
このブログをどう運営していくか。
いろいろ考えた結果、このブログには、サッカーのことでもなく、書評でもなく、思いついたことをダラダラと書くことにした。

実はブログを始めた当初は、思いついたことをダラダラと書いていた。
ダラダラと書いていることが、人に受け入れられて、エッセイとか出版して、お金にならないかなぁ。
そんな邪悪な気持ちで始めたブログは、全く受け入れられず、
結局「競争相手も多いし書きたくない」と思っていたサッカーのことを書き始め、現在に至っている。

サッカーのことを書いていたらお金がもらえるようになり、少しずつ(なぜかサッカー以外の)仕事が増えてきた。
思っていたとおりには物事は進んでいないけれど、文章を書いてお金がもらえるようになってきたので、
僕は当初考えていた「思いついたことをダラダラと書く」ことを再開することにした。
noteがお金をもらう場所なら、ブログはお金をもらわず、思いついたことを書く場所として、運営していきたいと思っている。
検索エンジンにも引っかからないだろうし、Twitterでも、Facebookでも告知はしない。
ダラダラと、読んでも身にならない話ばかり、書いていくつもりだ。

物事を続けようとするとき、3日、3週間、3ヶ月という「3つの山」があるのだそうだ。
どうなるか分からないけれど、とりあえず書き始めて4日目。「3日」という1つめの山はクリアした。
ダラダラと書くことが続くのか。そして、その先に何か見つかるのか。
とりあえず続けながら考えてみることにします。