最近自慢ばかりしている

昨日、以前一緒に働いたことがある後輩から、いろんな人に会っていることを「自慢している」と言われ、ちょっと気にしている。

自分自身思い当たることはある。
先週まで自分に出来ることを必死で頑張っている人にお会いする機会が何度もあり、楽しい話を聞く機会が多かった。
話が楽しかったので、話を聞いてくれそうな人に、「こんな人に会ったんだよ。面白かったよ」という話を何度もしたけれど、
冷静に考えたら、面白いのは僕ではなくて、他人である。
聞いている人にとっては、誰か分からない人の話を聞かされても面白いわけがない。
自分は面白いやつではないのに、面白い人と幸運にも会っているから、「俺って面白い」と語っているようなものなのだ。
冷静に考えると、かなり痛い男である。

でも、今は「痛い男」と思われてもいいと思っている。
「痛い男」なのだから、痛いことになれていけばいいのだ。
痛いことに慣れるには、どうしたらよいのか。
僕は真剣に考えて、一つの答えをだした。

僕の現時点での答えは、「目の前のことだけを考える」ということだ。
目の前のことだけを一生懸命やる。
未来のこと、過去のことを考えない。
ただ、目の前のことをやることで、開ける未来があるんじゃないか。

僕はそう考えている。