nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

チャンスに触れる

      2014/12/23


書評を近々アップしますが、桜井章一さんの著書「体を整える ツキを呼ぶカラダづかい」の中に、「チャンスに触れる」という言葉がありました。

麻雀は変化が激しいので、勝機を掴みにいくと一瞬のうちに抜けてしまう、だから触れにいくのだ、と桜井さんは語っています。

確かに、チャンスは気づかなければ目の前を通り過ぎてしまうものだと考えているので、みんな必死になって掴みにいこうとするだと思います。

確かに、チャンスが硬いものだとしたら、ギュッと掴んだ方がよいのかもしれません。ただ、チャンスが人と同じようなに柔らかいものだとしたら、触れられるほうが、痛くないし、嬉しいんじゃないかなぁ、なんて考えたりしました。

おすすめ商品

 -