男の価値は家族で決まる

2017/05/30

斉藤和義「月光」

斉藤和義の「月光」という歌に、こんな歌詞があります。

あっちの席でオッサンは言ったよ「オレは百人の女と寝たぜ」
こっちの席じゃ若者が「男の価値はなにで決まるのかな?」
そしたらとなりの女が「そんなの”家族”に決まってるでしょう」

僕はこの歌詞が好きなんです。
バブルの時代まで、男の価値は”オッサン”が言ったように、何人の女性と付き合ったか、という視点しか、男の価値を計る基準がなかったような気がします。言い換えると、”モテるか、モテナイか”ということです。

でも、本当にそれだけが男の価値はなのか。僕自身はずっと疑問に思っていました。
そんな疑問に、この曲の歌詞は一つの答えを与えてくれた気がします。
「男の価値は家族で決まる」という言葉だけが、男の価値ではないと思うのですが、
子育てに関わる、父親の一人として、とても勇気づけられた言葉でした。

斉藤和義/月光 【MUSIC VIDEO Short.】