過程を重視して、楽しむ

昨日放送されていた「FOOT×BRAIN」の「これで勝てる!メンタル強化の方法教えます」という特集で、メンタルトレーナーの高畑好秀さんが、緊張する人に対して、リラックスさせるための方法について「結果を求めるから緊張する。結果に至るまでの過程を重視して、楽しむことが出来る人は、緊張しない」といったことをおっしゃってました。

最近度々取り上げる桜井章一さんの「体を整える」にも、「過程を軽く見る目的主義の人は力みすぎて、楽しみながら伸びていくという機会を自ら奪っている。」と書かれているように、目的を達成しようとすればするほど、余計な力が入って、かえって物事がうまくいかないということが起こると思うのだとです。

でも、この過程を重視して、楽しむというのが難しい。結果を求めるより、よほど難しいと思う時があります。これだけの事をやったら、結果が伴わなくてもよい。そう思えるほど、一つ一つの過程を楽しむって、簡単なことではないなぁと、「FOOT×BRAIN」の後に観た、「アスリートの魂」で放送された西岡利晃さんの特集を観て、感じるのです。負けて「後悔はない。ボクシングを通じて成長させてもらった」と言える西岡選手はすごい。