旅行に行きたい自分が、おもちゃについて考える。

振り返ってみると、この2〜3年ほどあまり遠出をしていないことに気づきました。最後に海外に行ったのは、2009年にロンドン〜バルセロナ〜パリまでさかのぼります。国内でも、伊豆より西に行ってません。毎年夏休みに家族で旅行する軽井沢に行くのと、2011年に宮城県石巻に0泊2日の日程でボランティアに行ったのが、遠出といえる遠出です。

高城剛さんは、以前「アイディアと移動距離は比例する」とおっしゃっていました。それが当てはまるのかどうかはわかりませんが、今の僕は、そんな事に関係なく色々な場所に行ってみたいのです。

京都や大阪はここ6年ほど行ってませんし、仕事を通じて知り合った福岡の知人に挨拶したいですし、以前お世話になった人が仙台にいることがわかったので、会いに行きたい。なんてことを考えては、実現しない毎日が続いております。そうだ、京都に行こう。なんて気分で旅行がしたいなぁ。

*****

昨日、クリスマスプレゼントを探すために、めったに行かないおもちゃコーナーに行きました。今のおもちゃは機能が多く、リアルで、大人が買っても楽しめるおもちゃがいっぱいあるんですね。でも、思ったのは、そんなに機能多くしても使いこなせないよなぁ、なんてことを大人な僕は考えてしまいました。

子供って説明書読みません。説明書を読まずに、自分が気に入った機能を徹底的に使うと思うんです。あれもこれもできます、というおもちゃを作っても、結局使われる機能が1つなら、1つに特化した商品作ったほうが、長く楽しめるのになぁ、なんてことを考えてしまいました。これって、電化製品全般に言えそうですね。

今日も読んでいただきありがとうございます。
昨日は久々に飲めないお酒を飲んだので、二日酔いです。
二日酔い人口が12月は一時的に増加しますが、1月以降にゆるやかに減少予定です。
これは、結構あたります。