nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

昔の会社にはもっと変な人がいた。

      2012/12/05

僕が社会人になってちょうど10年になりますが、昔はもっと変な人が会社にいました。

僕が社会人になって最初に勤めた会社には、変な人がたくさんいました。人から聞いた話ですが、ある部の部長さんが、会社にやってきたので、社員の方が「おはようございます」と挨拶したあと、部長さんは「おぅ!」と返事したのですが、返事をした手に持っていたのは、ゴルフのドライバーだった、ということがあったそうです。

これも人から聞いた話ですが、朝会社にやってきて始業前に準備をしていると、入り口の付近から声がする。耳を澄ましてみると、ゴルフのドライバーを持ってきた部長さんの声がするが、部長さんの声以外にも聞きなれない女性の声が聞こえる。姿が見えると、部長さんが両手にホステスをはべらせて出社したところでした。部長さんは、自分の席に向かわずに社長室に直行し、そこで一言。
「ここ俺の部屋だから、好きな酒飲んでいいぞー!」なんて叫んだそうです。

僕が社会人になって、初めて配属された部署の部長の髪型は、白髪にパンチパーマ。金のネックレスをつけていて、シャツのボタンを大胆にあけていたことを、今でも思い出します。電話の時の口癖は「おい!お前どうよ?どうなのよ??」だったことをよく思い出します。部長だけでなく、同じような身なりや口ぶりの人が4人いました。社会人1年目だった自分にとって、相当なカルチャーショックだったことを、今でもはっきりと思い出します。

こんなエピソードを思い出すたびに、今の会社には変な人はあまりいないなぁ、なんて思うのです。昔は、仕事中にお酒を飲んでいる人もいました。

それが悪くないとまでは言いませんが、ある種のおおらかさと、脂っこいエネルギーが、大きな事をなしえるエネルギーにもなっていたと思うのです。効率よく仕事をする、ということを重要視するあまり、何かを失った。そんな気がしております。

今日も読んで頂きありがとうございます。
10年前の自分のことを最近よく思い出すのは、あの頃と状況が似ているからなのかもしれません。

 -