TRICERATOPSのデビュー15周年記念ライブを観て思う、彼らのカッコよさ。

DINOSOUL -BEST OF TRICERATOPS-(ALBUM+DVD)

最近自分が高校生から大学生に聴いていた頃の音楽を、よく聴くようになりました。その中の1つが、TRICERATOPSです。

先日BSフジでデビュー15周年記念ライブとして、日比谷野外音楽堂でのライブが放送されていたので、何年かぶりに聴いてみたのですが、すごくよかったんです。僕はTRICERATOPS初の武道館公演を観に行ったことがあるのですが、当時のことを思い出しました。

TRICERATOPSはデビュー当時から、独特のポジションを確立していたバンドだと思います。3ピースで演奏するメロディアスで踊れるロックンロールで、歌詞はラブソングが中心。デビュー当時のロックシーンはビジュアル系やパンクロックが全盛で、TRICERATOPSのようなロックンロールを演奏するバンドは、ほとんどいませんでした。

しかも、ロックンロールを3ピースで演奏することは難しいと思います。TRICERATOPSはリフと呼ばれる旋律を、ギターで奏でることで成り立つロックンロールを演奏していたので、ライブで再現するにはボーカル&ギターの負担がすごく大きい。

大抵3ピースで始めたバンドは、キーボードを入れたり、もう一人ギターを入れたりするのは、音がもっと欲しいという考えもあると思うのですが、ライブでの再現性を考えると、必然だとも言えるのです。

TRICERATOPSは、デビュー当時の3ピースで演奏するメロディアスで踊れるロックンロールで、歌詞はラブソングが中心。というスタイルをほとんど変えずに、15年を走り抜けてきました。

スタイルを変えながらサバイバルするロックバンドも多いですが、このようにスタイルをほとんど変えずに、しかもメンバーも変えずに生き残っていくバンドも珍しいと思います。日比谷野外音楽堂のライブ映像を久しぶりに観て、スタイルを変えなかったからこそのカッコよさに、すごく感動しました。

今日も読んでいただきありがとうございます。
この記事もTRICERATOPSの日比谷野外音楽堂のライブを聴きながら書いています。