とんねるずはきちんと評価されてないんじゃないか。

結成から32年 とんねるずが今も人気の理由という記事を読んでふと思ったことがあるのですが、とんねるずの2人は、ほとんど自分たちの考え方について、語ったインタビューがないんですよ。あるのかもしれませんが、ダウンダウン(特に松本人志さん)に比べたら、少ないと感じます。

だいぶ前に、プレイボーイで石橋貴明さんのインタビューで「木梨憲武は天才です。」と言っていたことが、すごく印象に残っています。石橋貴明さんは、とんねるずがテレビという媒体を通じて、どういうことをやっていくべきか、ということを凄く凄く考えて実践してらっしゃる印象を受けていて、「プロデュースする力がすごい!」と思っているのですが、このインタビューでは無条件に、相方である木梨憲武さんを無条件で賞賛し、自身はそれをサポートしてきただけだ、と語っていたのがすごく印象的でした。

木梨憲武さんを見ていると、「芸達者」ってこういう人のことを言うんだと思います。サッカーもうまくて、ゴルフもうまくて、絵もかける。そしておしゃれ。そして、笑いもとれる。昔はこういう芸人が数多くいた気がしますが、今では木梨憲武さんくらいしかいなくなってしまいました。

とんねるずは、ほとんどドキュメンタリーで取り上げられることもありませんし、2人揃ってインタビューでシリアスな内容を語ることも少ないことが、彼らが作り上げる笑いの評価を下げている気がして、ちょっともどかしい気がしていました。

なので、この記事を読んだ時は「同じ事を考えている人がいるんだなぁ」なんて、ちょっと嬉しくなってしまいました。とんねるずのドキュメンタリーや、「笑いを語る」みたいなインタビュー読みたいなぁ。

今日も読んでいただきありがとうございます。
今日は土曜日。フットサルの予定があるので、雨が降らないといいのですが。