風邪との付き合い方

風邪がなかなか治りません。身体の節々が痛くて、朝起きるとのどが痛い。こんな日が3日間ほど続いています。
でも、僕は決めました。今の僕は風邪はひいてない、ということにします。節々が痛む身体も、のどの痛みも別のことに要因があるのだと、思うことにします。

もちろん、身体の調子は悪いので、仕事を早めに切り上げて、家でおいしい物食べて、早く寝るようにはします。でも、早く起きた後、毎朝続けていたトレーニングが体調不良という理由で出来ないのは、逆にストレスがたまるなぁと思ったので、今の僕は風邪はひいてない、ということにします。

本当は、僕の身体は風邪をひいているのかもしれません。でも、仕事に集中しているときに風邪の症状が出ないということは、そこまでひどい体調じゃないといえるのではないかと。そう考えると、やっぱり僕は風邪はひいてないんじゃないか、と思うんです。

余談ですが、「野口整体」の創始者である、野口晴哉さんによれば、「カゼはこわばったカラダをゆるめ、崩れたカラダのバランスを整えてくれる働きがある。治そうとするのではなく『上手に引く』ことで、蛇が脱皮をするように、風邪を引く前よりもサッパリする」のだそうです。

すぐに薬を飲んで直すのか、休むチャンスだと思って休んで直すのか、あるいは「ひいてない」と思い込んで、普段どおりすごすのか。風邪との付き合い方もさまざまです。あなたは、どのように風邪と付き合っていますか。

今日も読んで頂きありがとうございます。
今週は風邪とうまくお付き合いをしながら過ごす1週間になりそうです。