広告を見ていると気になる、目の「くま」

最近電車に乗っているときに、中吊り広告のポスターを見ていて、気になることがあります。特に女性のポスターが気になるのですが(僕も男ですから)、何が気になるのかといいますと、女性の目の下の「くま」です。よくよくポスターを見ていると、ほとんどの女性タレントの目の下に「くま」があるんです。

「くま」があるのが悪い、とまで言うつもりはもちろんありません。でも、気になるんです。例えば、化粧品のCMなどでは「肌のツヤが」とか、「肌のはりが」とか言ってるのに、目の下には「くま」があるんですよ。目が疲れてるんだなぁ、なんて思いませんか。気になるんです。

「くま」がある女性がCMしちゃ悪い、と言うつもりはもちろんありません。でも、気になるんです。例えば、ポスターではにっこり満面の笑みを浮かべている、人気アイドルユニットの目の下には、青白い「くま」があるんです。青白い「くま」は、寝不足などで引き起こされる目の疲れによって、現れる症状だそうです。目が疲れてるんだなぁ、なんて思いませんか。気になるんです。

「くま」がある女性がCMしちゃ悪い、と言うつもりはもちろんありません。でも、気になるんです。目が疲れているということは、身体もそれなりに疲れているのでしょう。そんな人がにっこり笑って、元気(そう)な顔をして、「この商品やサービスすばらしいよ」と訴えても、どこか嘘っぽく見えちゃうよなぁ、という気がするんです。

人は、相手を見るときどこを見るのか。たいていの人は「目」を見るはずです。「目」を見て、どんな人なのか判断しているはずです。少なくとも僕はそうです。ポスターに掲載されている女性の「目」を見た時、「くま」があることを広告作っている人が、広告見ている人はそんなこと気がついてないと思ってたら、それは広告見る人を舐めすぎなんじゃないかなぁ、と思います。

僕は、疲れている人をそんなにたくさん見たくはありません。

今日も読んでいただきありがとうございます。
どうにか、風邪も治りました。3連休のうちに年賀状をかいてしまわなければ。