手書きで書く機会が減っている

昨日年賀状の宛名書きが終わりました。うちは宛名は印刷せず、手書きで書いてます。手書きで書いている理由は、単に年賀状ソフトを持っていないこと、家のプリンターがうまくはがきを給紙してくれないからなのですが、手書きで文字を書く機会が減っているので、手書きで宛名を書くという行為自体が新鮮で、書き始めると楽しいものです。したがって、今年も下手な文字で書かせて頂きました。

年々手書きで文字を書く機会が少なくなっているので、字が下手になっている気がします。また、手書きで文字を書くとき、漢字がぱっと頭に浮かびません。結局、漢字の書き方をWebサイトで検索したりしてます。いつも宛名を書くときに、いかに普段の生活で「文字を書く」という行為を機械に頼っているかということを、身をもって実感します。

でも、本当にそれでよいでしょうか。「時間がかかる」「綺麗に書けない」「一定のクオリティが出来ない」から、手書きで文字を書かない、ということでいいのでしょうか。手書きに限らず、「時間がかかる」「綺麗に出来ない」「一定のクオリティが出来ない」から、機械に変わっている作業って、本当に機械でやるべき作業なのでしょうか。

確かに、人間の手を使うより機械を使った方が、短時間で一定のクオリティのアウトプットを作ることは、出来るはずです。でも、手を使うメリットは、機械を使うメリットを上回る局面が、どこかにあるはずです。

年賀状を出す割合の人が減少したのは、プリンターで印刷して発送することができるようになったことも、無関係じゃない気がします。僕は数が少ないので、今後も宛名は手書きで書いていきたいと思います。

今日も読んでいただきありがとうございます。
今日はクリスマスですね。鶏肉大好きな僕は、骨付きもも肉をおいしく頂きました。