nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

7年前の自分を振り返る

      2013/03/10

最近読んだ高城剛さんのメールマガジンに、「人生の今後を考えるなら、7年後の自分を考えるとよい」というようなことが書いてありました。7年後の自分を考える前に、7年前の自分がどうだったのかを振り返ってみたのですが、7年前はまだ商社で働いていて、営業職とWeb担当者の業務を半分ずつ担当していました。

当時の自分の仕事は、入社3年目の会社員としては、恵まれていたと思います。新たに立ち上げた中国向けの新規事業の担当になり、2~3ヶ月に1度の頻度で、中国に出張して現地の販売体制の整備に力を注いでいました。多くの課題は抱えていましたが、少しずつ状況が改善されつつある頃でした。

反面、Web担当者としての仕事は、改善が難しい課題を多く抱えていました。思うようにいかないサプライヤーと顧客の新規獲得、スムーズに改善されないシステム、煩雑な受発注および入出金の管理等、Web業界に転職した現在でも、簡単に解決できない課題をいくつも抱えていました。

振り返ると、当時の僕は、これら全ての課題を自分ひとりで解決しようとしていた気がします。特にWeb担当者として抱えていた課題は、解決するには人も物もカネも必要な課題でした。その点を認識した上で、僕自身は必要な資源を獲得することに注力すべきでした。わかってはいたつもりでしたが、当時の僕はどうしていいかわからず、ただ文句を言って、途方にくれていただけでした。振り返ると甘かったなぁと、苦い思いがこみ上げてきます。

当時を振り返ると、いくつかの問題は解決した反面、ずっと手をつけていない問題がいくつか残っていることに、気づかされました。今、抱えている問題を解決しようと努力するのか、はたまた「解決しない」と決めて違う課題に取り組むのか。2013年が始まるまでには、じっくり考えて決めたいなぁと思います。

今日も読んでいただきありがとうございます。
7年後にどうしたいのか。これを考えるのが年末年始の課題です。

 -