nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

僕の箱根駅伝の楽しみ方

      2014/01/03


毎年1月2日と3日は、僕もご多分にもれず箱根駅伝をテレビの前でかじりつきながら観ています。

僕は、箱根駅伝を観ている時は、テレビをチェックしながら、日本テレビの箱根駅伝のWebサイト内に掲載されている「記録速報」のコンテンツも、更新ボタンを押しながら見ています。

記録速報」のコンテンツの何が面白いのかというと、途中経過と個人記録が詳しくわかるところです。箱根駅伝は距離が長いので、途中途中のチェックポイントで、各大学のタイム差や個人記録が表示されるのですが、テレビでフォローできる範囲には限りがあります。あまりテレビでフォローされない下位チームの好記録は、「記録速報」のコンテンツを観れば、詳しく知ることができるんです。

近年、復路でシード校争いが激しく、10位前後の順位変動が激しいのですが、10位前後を走っている選手の区間記録はあまり報じてくれません。また、たまにテレビであまり報じられない順位の選手が好記録を出していた場合、「記録速報」で、その選手が誰なのか、どの順位を走っているのか、詳しく知ることができるんです。

記録速報」を見ていると、1位の人の記録も気になるのですが、おのずとブレーキになった人の記録も気になってしまいます。記録だけ見ていると、取り立てて取り上げる記録ではないのかもしれませんが、この記録は大学生が日々努力した結果だと思うと、不思議と記録の先に、記録を出した人の顔が見える気がする時があります。そんな人間模様が、箱根駅伝の大きな魅力だと思います。今年も「記録速報」を見ながら、箱根駅伝を存分に楽しみたいと思います。

今日も読んでいただきありがとうございます。
今日はこれから鎌倉に行きます。久々なので楽しみです。

 -