nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

吉井和哉さんの映画「YOSHII CINEMAS」とBlankey Jet Cityの映画「VANISHING POINT」が今月公開

   

今月は、僕が好きなミュージシャンを取り上げた映画が2本公開されます。

吉井和哉「YOSHII CINEMAS」

まず1本目。吉井和哉さんの映画「YOSHII CINEMAS」が1月11日(金)から公開されます。公式Webサイトによると、吉井和哉さんのソロキャリアの振り返るドキュメンタリーというだけでなく、吉井さんの初主演映画「点描のしくみ Queen of Hearts」の予告編や、現在開催中の全国ツアー「.HEARTS TOUR 2012」の最新ライブ映像も上映されるという作品です。

吉井さんがソロになってからの作品は、「at the BLACK HOLE」が大好きで、発売されてから何十回も聴きました。最近、BSフジで放送されていたドキュメンタリーで放送されていた映像を観たのですが、「煩悩コントロール」がすごくカッコよくて尖った音がしてました。吉井さんがソロになってからのインタビューも、「ROCKIN’ON JAPAN」を中心に幾つも読ませてもらいましたが、今回のドキュメンタリーで僕が知らない吉井さんの顔が観れたらいいなぁ、と思って楽しみにしております。

Blankey Jet City「VANISHING POINT」

2本目は、解散して13年目になるBlankey Jet Cityの最後のツアーを追ったドキュメンタリー「VANISHING POINT」です。僕は横浜アリーナで行われた「LAST DANCE」と呼ばれるライブの初日に行った事があるのですが、ライブの最初から最後までものすごいエネルギーで突っ走る迫力に圧倒されました。

そんなエネルギーを支えていたものは何か。解散に至るまでの間、メンバーは何を考えていたのか。解散して13年経過しても、Blankey Jet Cityのような圧倒的なパフォーマンスができるロックバンドは現れていない今だからこそ、この映像が映画化されることに、価値がある気がしています。

2本ともどうにかして観に行きたい作品なので、今から公開が楽しみです。

今日も読んでいただきありがとうございます。
ロックンロールを追求する大人たちは、なんであんなにかっこいいんでしょう。

 -