勉強やトレーニングを続けるために抑えておくべき3つのポイント

昨日「誰でも勉強やトレーニングを続けられるたった1つのテクニック」という記事を書いたのですが、ブログを始めて半年間で「続ける」というテーマについては、いろいろ考えてきたつもりです。昨日は「1日1回1分でいいから続ける」というテクニックを紹介しましたが、今回は物事を続けるために気をつけるべきポイントを、3つに絞って紹介します。

始めてすぐに効果は出ない

僕もそうですが、人は物事を始めたらすぐに効果を求めがちです。「3日で○○できる!」みたいなタイトルで出版されている本をよく見かけるのは、短期間で何か大きく自分を変えたい、という人が多いからなのかもしれませんが、僕自身の経験上、何事も始めてすぐに効果が出ることはありません。

トレーニングを始めて3日という人が、今までトレーニングを全くやってないのだとしたら、トレーニングをやってない期間の方が圧倒的に長いのですから、効果が出なくて当たり前です。昨日も紹介した、物事を続けるための目安となる期間として「3人・3ヶ月・3年」という言葉がありますが、変化が訪れるのは、大抵3ヶ月後です。3ヶ月間ほぼ毎日続けて、ようやく「身についた」と実感できる変化が訪れます。

だからこそ、物事はとにかく続けることが大切だと思うのです。

始めてすぐに完璧にはできない

「誰でも勉強やトレーニングを続けられるたった1つのテクニック」でも書きましたが、「物事を始めてすぐに完璧に何かができる」ということはありません。始めて3日で英語がペラペラになるということはないし、HTML5を完璧に理解して仕事で使える知識と技術が身につく、なんてこともありません。

重要なのは、完璧でなくても「アウトプットし続ける」ことです。1日1回1分でもいいから続けること。続けていれば、少しづつ出来る事が増えていきます。

タダで出来る事はタダで

「トレーニングを始めたければ、まずジムに入ろう」「トレーニングを楽しくするために、まず素敵なウェアを買おう」なんて書いてある雑誌を見かける時があるのですが、これは商品を売るための売り文句だと思ってください。何かを始めるときは、できるだけ時間もお金もかけない方法で始めた方が、長続きします。

何かを勉強する時、本を買うのは悪いことではありませんが、個人的には、図書館で探してみたり、ネットで情報がないか探してみたりと、極力タダで出来る事はタダですべきです。起業する時、いきなり大きなお金をかけて始めたプロジェクトが成功した事例というのを、僕は聞いたことがありません。大企業になった会社や成功したサービスは、手元にある物を元手に始めています。お金をかけたから成功したわけではありません。

トレーニングや勉強も同じです。自分の手元にあるものから、まず始める。お金をかけない。万が一続けられなくても、損失は最小限で済みます。タダで出来る事はタダで始めましょう。

おすすめ商品

僕はブログを始めるときに参考にした1冊。
ブログをこれから始めたい人におすすめです。

勉強法や時間投資の方法を知りたい方は、
古いと思うかもしれませんが、勝間和代さんのこの本がおすすめです。

どんな才能も技量も一万時間練習を続ければ、”本物”になるということが書かれた書籍。
何事も出来るようになるには、時間がかかるということです。