とびっきりの冒険活劇。書評「不格好経営―チームDeNAの挑戦」(南場智子)

本書「不格好経営」は、DeNAの創業者である著者が、創業から現在に至るまでを書いた1冊ですが、読み終えて真っ先に感じたことがあります。この本読んだら、「DeNAで働きたい」と思う人たくさんいるんだろうなぁ、と。

成功より苦労や仲間との楽しい思い出を描く

本書には、DeNAの輝かしい成功や成果も紹介されていますが、それ以上に数多く経験した失敗や、DeNAに関るメンバーの面白いエピソードが紹介されています。起業して成功したと言われる人の本を読むと、大抵苦労したんだけど、なんとか上手くいったんだよ、といった構成で書かれていることがほとんどです。事実なのだから仕方がないのですが、「苦労した」と「上手くいった」のどちらに比重を置いて書くかに、経営者の性格が出ると思います。

著者は、明らかに「苦労した」「失敗した」に比重をおいて、書いています。DeNAは開発完了の予定日だった日に、コードが1行も書かれていなかった、という嘘のようなトラブルから始まった会社です。だからこそ、どんなトラブルが起きても、真っ向から向き合い、解決する。その姿勢は決してスマートではありませんが、不格好ではありません。むしろ、格好いいとすら感じます。

知識と経験があれば成功するわけじゃない

著者が凄いのは、マッキンゼーのパートナー(役員)という経営コンサルタントとして第一線で活躍していたにもかかわらず、コンサルタントとして身につけた知識や経験を横において、イチから自分の会社を経営するという課題に取り組んだことだと思います。

経営コンサルタントとして第一線で活躍していて、知識も経験もあるのなら、もっとスムーズに会社を経営できるんじゃないかと考えてしまいがちです。でも、会社を経営していくということは、知識や経験で片付けられるような簡単なものではなく、時には清濁併せ呑みながら、前を向いて必死に歩み続け、お互いが分かり合うために、嫌われる事を恐れず、本音で話し合う。ゴツゴツと音を立ててぶつかりながら、前を向いて進む。そして、仲間に感謝する。

本書のような本を読んでいると、冒険活劇を読んでいるような気分になることがあります。起業という名の冒険活劇の魅力は、富や名声といった光の部分より、苦しみながらも、前を向いて、仲間と共に歩み続ける姿にこそ有るのだと思います。そういう意味では、本書はとびっきりの冒険活劇です。

「One Piece」を読むような気持ちで、手にとって読んでみてください。

関連記事

最高の「起業の教科書」。書評「未来を切り拓くための5ステップ: 起業を目指す君たちへ」(加藤崇)
「孤独、憂鬱、怒り、それを3つ足してもはるかに上回る希望」書評「起業家」(藤田晋)
自分の価値を、生き残る武器にする方法。書評「僕は君たちに武器を配りたい」(瀧本哲史)

関連商品