仕事,

本書はこんな言葉で始まります。

観察とは、日常にある違和感に、気づくこと。

本書「観察の練習」は、こんな言葉から始まります。この本では、著者が「違和感に気づく」ために、日常的に行っている「観察」の例を、写真と文 ...

仕事,

まず、この作品を見て欲しい。

このポスターは、1964年に開催された東京オリンピックのポスターです。アスリートの躍動感、息遣いまで聞こえてきそうなこのポスターは世界的に大きな反響を呼び、戦争で大きなダメージを負った日本の復 ...

スポーツ, スポーツテクノロジー, 仕事,

マイケル・ルイスが2003年に書いたある書籍は、その後のスポーツに大きな影響を与えました。

ある書籍の名は、「マネーボール」。メジャーリーグの貧乏球団・オークランド・アスレチックスのビリー・ビーンGMが、「セイバーメトリク ...

仕事,

本書「図で考える。シンプルになる。」は、NewsPicksというニュースメディアで、「インフォグラフィック」と呼ばれる、情報やデータを図にして分かりやすく説明する第一人者として活躍されている櫻田潤さんが、どのように図を使えばよいか、図 ...

仕事,

本書「勉強の哲学 来たるべきバカのために」は、なぜ人は勉強するのか?勉強嫌いな人が勉強に取り組むにはどうすべきなのか?というテーマに対して、哲学者が独学で勉強するための方法論について、自身の考えをまとめた1冊です。

勉強とはどう ...

仕事,

本書「黄色いマンション 黒い猫」は、小泉今日子さんが十代の頃から親しみ、かつては住んでいたこともある原宿の町を再び歩き、変わり続ける街並に彼女の半世の思い出を重ねながら、9年間にわたって書き綴った自伝的エッセイ集です。

描かれて ...

仕事,

本書「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」は、絵本『えんとつ町のプペル』を作り、30万部突破のメガヒットへと導いた西野亮廣さんが語る、”現代のお金の作り方と使い方”と最強の広告戦略、そして、これからの時代の ...

仕事,

本書「なぜ僕たちは金融街の人びとを嫌うのか?」は、ジャーナリストである著者が、まったくの門外漢である金融業界に関わる200人以上の人に、「なぜリーマンショックは起こったと思うか」といった、専門家ではしないような質問をぶつけ続け、金融業 ...

仕事,

糸井重里さんのこのツイートを読んで、本書を読むことにしました。

先日対談でお会いした「ジャパネットたかた」創業者の高田明さんの本を読みはじめたら、おもしろくて止まらない。理屈から出発していない、目の前の変化に対処してじぶん ...

サッカー, 仕事,

バルミューダという会社の名前を知らなくても、製品の事を知っている人はいると思います。美味しいトーストが食べられるトースター、炊きあがりが違う保温機能のない炊飯器、自然の風に近い風が受けられる扇風機。バルミューダの作り出す製品は、他社の ...

仕事,

ふと思い立って、ドラッカーを読んでみることにしました。ドラッカーの著作は今まで手にとった事はあるのだけれど、最後まで読み切った事はありませんでした。ドラッカーの著作に書かれている事は、誰でも知ってそうで、実行出来ていない基本的な事が多 ...

仕事,

最近、「ブロックチェーン」という技術が話題になっています。細かい技術的な事は分からないので、何か本を読んでみようと、評判になっている本を読んでみる事にしました。

「ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支え ...

仕事,

1998年6月6日、ひっそりとあるWebサイトが開設されました。その名は、「ほぼ日刊イトイ新聞」。開設したのは、当時コピーライターをしていた糸井重里さん。徹底して継続する力、丹念な仕事が少しずつファンを集め、来年で20周年を迎えるこの ...

仕事,

「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「天空の城ラピュタ」、多くの人に親しまれる作品を作り続けてきた、スタジオジブリ。そのスタジオジブリの作品を世に広めるのに大きく貢献したのが、プロデューサーの鈴木敏夫さんです。そんな鈴木さんに師事してい ...

仕事,

2016年最も話題になった家電に、バルミューダという会社のトースターがあります。トースターに少しだけ水を入れ、普通の食パンを入れて焼くと、外はサクサク、中はふんわりとしたトーストが誰でも焼ける。このトースターで焼けるトーストの美味しさ ...

仕事,

以前、三浦知良さんが「ストライカーという仕事はどんな仕事か?」と聞かれて、こう答えていました。

自分の一手、つまりゴールで、白を一瞬にして黒に逆転することができる、そういう仕事だ。

ストライカーとは、孤独な仕事 ...

仕事,

「ペップ・グアルディオラ キミにすべてを語ろう」という書籍は、マンチェスター・シティの監督を務めるペップ・グアルディオラとある人物との対話からスタートします。ある人物とは、ガルリ・カスパロフ。15年もの間チェスの世界チャンピオンのタイ ...

仕事, , 熱風

スタジオジブリは、毎月10日に「熱風」という無料の小冊子を発行しているのですが、今月の特集は、「広告と宣伝」です。

広告と宣伝について、興味深い話があります。それは、「いま宣伝部という名称を使っている会社または業界は斜陽で ...

仕事,

「勝負論 ウメハラの流儀」は、プロゲーマーの梅原大吾さんが、ゲームを通じて培った自身が考える勝負論について語った1冊です。

勝ち続ける状態とはどういうことか

梅原さんは、「勝ち続けることと、100戦100勝であることは違う」 ...

仕事,

高城剛さんが自分の持ち物を紹介する書籍「LIFE PACKING」シリーズの続編が発売されました。「LIFE PACKING 2.1」は2016年現在の高城剛さんの持ち物を、本人の解説とあわせて紹介している書籍です。

前回 ...