仕事,

Googleのエリック・シュミットがイベントで語っていた、「Pure Pressure is Strong Management」という言葉が、今も頭の中に残っています。

自発的に仕事をする仕組みがGoogleの強さの秘密

...

仕事,

本書「あたらしい働き方」は、著者が、パタゴニア、ザッポス、エバーノート、IDEO、スタンフォード大学d.Shcool、日本ではカヤック、スタートトゥデイ、チームラボ、Plan ・do・see、ワークスアプリケーションズ、などの、先進企 ...

Webディレクターの仕事, 仕事,

本書「Lean UX ―リーン思考によるユーザエクスペリエンス・デザイン (THE LEAN SERIES) 」は、顧客開発とリーン・スタートアップのテクニックをUXに適用して、低コストで迅速に開発を進める方法と、良い体験を構築するた ...

仕事,

アップル、マクドナルド、アマゾン、マイクロソフト、スターバックス、イケア、など。多くの人が知っているこうした企業の商品やサービスは、僕らの生活に欠かせないものになっています。しかし、こうした企業は、自社の商品やサービスを世界中に浸透さ ...

仕事,

本書「僕がグーグルで成長できた理由(わけ) 挑戦し続ける現場で学んだ大切なルール」は、グーグルの草創期から活躍する、グーグルジャパンの製品開発本部長(出版当時)徳生健太郎さんが、自身の半生を振り返ると共に、グーグルで働くことの価値や、 ...

仕事,

「ミシュラン星付き級の料理人が腕をふるい、高級店の 3分の 1の価格でおいしい料理を提供すること」。「フード原価率 60%超えでも、顧客を 1日 3回転以上させることで繁盛店の利益を実現すること」。「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」と ...

仕事,

クルマのデザインは、どうやって考えられているのか、僕自身よく知らなかったので、図書館の本棚でこの本を見つけた時、思わず手にとってしまいました。

本書「ニホンのクルマのカタチの話」は、日産のチーフクリエイティブオフィサー(C ...

仕事,

本書は、東京ガス「ガス・パッ・チョ」、新潮文庫「Yonda?」、資生堂/TSUBAKI「にほんの女性は、美しい」といったコピーを書いた谷山雅計さんが、よいアイディアとコピーを繰り返し生み出すための考え方と方法について書いた1冊です。一 ...

仕事,

Amebaブログを運営するサイバーエージェントのミッション・ステートメントの1つに、こんな言葉があります。

ライブドア事件を忘れるな

2006年1月16日、証券取引法違反の容疑により、六本木ヒルズ内のライブドア ...

仕事,

本書「不格好経営」は、DeNAの創業者である著者が、創業から現在に至るまでを書いた1冊ですが、読み終えて真っ先に感じたことがあります。この本読んだら、「DeNAで働きたい」と思う人たくさんいるんだろうなぁ、と。

成功より苦労や仲 ...

仕事,

本書「新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に」は、新聞社の業績不振、雑誌の相次ぐ休刊など、メディア業界に逆風が吹き荒れるなか、出版はこれからどうなっていくのかについて、雑誌「Wired」「サイゾー」を創刊し、Webメディアとして「Gi ...

仕事,

本書「なぜ、日本人シェフは世界で勝負できたのか」は、「レバレッジシリーズ」で有名な著者が、世界で活躍するシェフ・ソムリエなど15人にインタビューし、「なぜ海外で活躍出来るのか」「どうしたら海外で活躍できるのか」についてまとめられた1冊 ...

仕事,

起業して成功した人の成功物語を描いた書籍は、世の中に山ほどあります。起業をすすめる人、起業のメリットを語る人もたくさんいます。しかし、どうしたら起業が成功するのか。成功するために、何をすればよいのか。成功するために何を考えたら良いのか ...

仕事,

「ジムに週3回通って、3kgやせる」「ランニングして、やせる」「英語を勉強して、TOEIC700点台を取る」

何かやりたいことを思い描いて、実行しても、3日くらいしか続かず、結局何もしなくなってしまい、今までとあまり変わら ...

仕事,

情報を整理する、情報を効果的に収集する、そして質の高い情報をアウトプットする。最近、書店の本棚を眺めていると、情報をどのように取り扱うのかという本が目につきます。代表的なのは、本田直之さんを有名にしたレバレッジシリーズや、GTDに代表 ...

仕事,

日本の法人企業約250万社のうち、なんと97%は同族会社なのだそうです。また、日本経済大学の後藤俊夫教授が実施した静岡県でのサンプル調査によると、創業者一族の複数が出資者か役員に名を連ねる企業が、全企業数の96.9%を占めるのだそうで ...

仕事,

前から読んでみたいと思っていた1冊なのですが、図書館の本棚においてあったので、手にとってみました。

本書「ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法」は、「日本一有名なニート」と言われている著 ...

仕事,

本書は、MITメディアラボ所長でベンチャー・キャピタリストとしても名高い伊藤穰一さんが、J.J.エイブラムスら4名の奇才を選りすぐって対談。世界の知的創造の現場で行われている、革新的なものの見方や考え方を紹介しながら、どうやったらアイ ...

仕事,

本書「善き書店員」は、いまの時代において「善く」働くとはなにかを探し、見つけるべく、何人かの日本の書店員の方たちにインタビューした1冊です。

楽ではない書店員の仕事

書店員の仕事は楽ではありません。本を並べたり、本を運んだり ...

スポーツ, 仕事,

野村監督といえば、野球界に最初に「考える」ことや「データ」の重要性を持ち込んだ人として、知られています。したがって、野村監督が「考える」ことについて語った書籍が、これまで多く出版されてきましたし、いくつかはベストセラーにもなりました。 ...