仕事,

嫁から「今の社会のことが、私でも理解できる本を教えて」と言われておすすめしたのが、本書「未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる」です。本書は、IT化やグローバリゼーションなど、現代社会で起こっている変化を読み解き、どう対応すべ ...

仕事,

米国、欧州、アジア、南米、東欧など世界44カ国に80以上の支社を持つグローバルな戦略系コンサルティングファーム、マッキンゼー・アンド・カンパニー(以下、マッキンゼー)。エリート中のエリートが入社する企業の採用は、どのような基準で行われ ...

スポーツ, 仕事,

最近、コンビニでレッドブルを見かけるようになりました。レッドブルといえば、F1のチームをスポンサーしていることでも知られ、2012年に世界165か国で52億本も販売されたと言われていますが、実際はどんな企業なのかあまり知られていません ...

仕事,

読み終えた時の正直な感想は、「今年読んだビジネス関連本で1番かも」。読みやすく、頭の中にすっと入ってくるシンプルな文章で構成されていて、わかりやすい。あっという間に読んでしまいました。

本書は、シカゴに本社を置く37シグナ ...

仕事,

Twitterのフォロワーが100万人いるひとなら1億円を稼ぐのは難しくない。逆に、1億円を持っていてもtwitterのフォロワーを100万人にするのは難しい。“評価”>“お金”時代をやさしく強く生き抜くためにはどうしたらいいのか。本 ...

仕事, , 松浦弥太郎

本書は、「思考術」「想像術」「コミュニケーション術」「時間管理術」「グローバル術」を軸に、「考える」とはどういうことか。「考える」ことの重要性を説いた1冊です。以前「松浦弥太郎の仕事術」という書籍を紹介しましたが、本書はその続編ともい ...

仕事,

本書には、20世紀の百貨店王であるジョン・ワナメーカーのこんな言葉が紹介されています。

I know that half the money I spend on advertising is wasted: but I ...

仕事,

本書は、「自分の仕事をつくる」「いま、地方で生きるということ」といった働き方に関する著書を書いている著者が、「アクロス福岡」などを手がけたランドスケープ・デザイナー田瀬理夫さんのお話を通じて、人が働き、生きていくための場所をどう作るの ...

仕事,

現代は、経営者や政治家だけでなく、企業で働くサラリーマンにも、道筋を示すリーダーシップが求められる時代といえるのかもしれません。

リーダーはどうあるべきか。不透明な時代に道筋を示してくれるリーダーに、求められる能力とは何か ...

Webディレクターの仕事, 仕事, 実務ノウハウ,

ボストンで働きたい会社No1と言われているのが、インターネットを使ったPRやマーケティングをするためのソフトウェアやシステムを開発している「HubSpot」。そんなHubSpotの創業者が自社が考えるマーケティングの考え方をまとめたの ...

仕事,

芸能界の事はよく知らなくても、そこで働く人々が、夜型の不健康な生活をおくっていることはなんとなく想像できます。しかし、そんな芸能界で「朝4時に起きて、夜8時に寝る」という朝型の生活をされているのが著者です。

著者が「日の出 ...

仕事,

長谷部誠さんの「心を整える」をきっかけにして、アスリートの仕事に対する考え方を書いた本を書店で目にするようになりました。勝ち負けがつく世界で戦っている人々の考え方は、仕事のストレスに悩む人々にとって、参考になる部分が多いのだと思います ...