スポーツ,

先日、こんな記事を読みました。

名作はほぼ絶版に…“忘れられた作家”山際淳司 「復刊」で集まる注目(Buzzfeed)

僕が「影響を受けた」と断言できる作家の1人が、山際淳司さんです。しかし、この記事を読んで、 ...

サッカー, スポーツ, 名古屋グランパス, 川崎フロンターレ,

本書「技術解体新書 サッカーの技術を言葉で再定義する」は、2012年から2016年まで川崎フロンターレで監督を務め、2017年シーズンから名古屋グランパスの監督を務める風間八宏監督にサッカージャーナリストの西部謙司さんがインタビューを ...

仕事,

本書「勉強の哲学 来たるべきバカのために」は、なぜ人は勉強するのか?勉強嫌いな人が勉強に取り組むにはどうすべきなのか?というテーマに対して、哲学者が独学で勉強するための方法論について、自身の考えをまとめた1冊です。

勉強とはどう ...

仕事,

本書「黄色いマンション 黒い猫」は、小泉今日子さんが十代の頃から親しみ、かつては住んでいたこともある原宿の町を再び歩き、変わり続ける街並に彼女の半世の思い出を重ねながら、9年間にわたって書き綴った自伝的エッセイ集です。

描かれて ...

仕事,

本書「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」は、絵本『えんとつ町のプペル』を作り、30万部突破のメガヒットへと導いた西野亮廣さんが語る、”現代のお金の作り方と使い方”と最強の広告戦略、そして、これからの時代の ...

仕事,

本書「なぜ僕たちは金融街の人びとを嫌うのか?」は、ジャーナリストである著者が、まったくの門外漢である金融業界に関わる200人以上の人に、「なぜリーマンショックは起こったと思うか」といった、専門家ではしないような質問をぶつけ続け、金融業 ...

スポーツ

本日は、あしたのコミュニティーラボが主催するイベント「人が集まりたくなるこれからのスポーツのヒント」に参加してきました。

このイベントは、スポーツの「競い合うゲーム」という点ではなく、「のびのびと身体を動かす」という点に着 ...

本書を読み終えた時、僕はこう思いました。本書に書かれている事に共感出来る人は、「なぜ自分の事が書いてあるのだろう」と、思うのではないかと。

17年前、渋谷。大好きだった彼女は別れ際、「今度、CD持ってくるね」と言った。それ ...

仕事,

糸井重里さんのこのツイートを読んで、本書を読むことにしました。

先日対談でお会いした「ジャパネットたかた」創業者の高田明さんの本を読みはじめたら、おもしろくて止まらない。理屈から出発していない、目の前の変化に対処してじぶん ...

, 高城剛

これまで高城さんは、オーガニック、瞑想、トレーニング、アーユルヴェーダといった、健康に関する最新のトピックについて、誰よりも早く情報を発信してきました。それぞれのトピックについては書籍にまとめ、その後多くの似たテーマで別の人が書籍を出 ...

サッカー, 仕事,

バルミューダという会社の名前を知らなくても、製品の事を知っている人はいると思います。美味しいトーストが食べられるトースター、炊きあがりが違う保温機能のない炊飯器、自然の風に近い風が受けられる扇風機。バルミューダの作り出す製品は、他社の ...

, 熱風

スタジオジブリは、毎月10日に「熱風」という無料の小冊子を発行しているのですが、今月の特集は、「仕事と家庭」です。

「仕事」と「家庭」どちらが大切なのか。仕事に没頭するためにはなにかを犠牲にしなくてはいけないのか。「働き方 ...

サッカー, スポーツ,

最近のサッカーは10代後半の選手の活躍が注目されています。16歳8ヶ月という異例の若さでACミラントップチームデビューを飾り、再契約問題が話題となったGKのジャンルイジ・ドンナルンマ。2016-17シーズンのチャンピオンズリーグで6戦 ...

仕事,

ふと思い立って、ドラッカーを読んでみることにしました。ドラッカーの著作は今まで手にとった事はあるのだけれど、最後まで読み切った事はありませんでした。ドラッカーの著作に書かれている事は、誰でも知ってそうで、実行出来ていない基本的な事が多 ...

スポーツ,

2016年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、5月に懲役2年6ヶ月、執行猶予4年の有罪判決を受けた清原和博。誰もが名前を知っているスポーツ選手で、成功を手にし、華やかな生活をしていた人だっただけに、ニュースを聞いた人の衝撃は大きかった ...

仕事,

最近、「ブロックチェーン」という技術が話題になっています。細かい技術的な事は分からないので、何か本を読んでみようと、評判になっている本を読んでみる事にしました。

「ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支え ...

, 高城剛

高城剛さんが書いた「多動日記(一)「健康と平和」: -欧州編-」を読んでみました。この本は、日々世界中を移動し続けている高城さんの旅行記録であり、足を運ぶことで見えてきたリアルな世界情勢の記録であり、移動し続けている高城さんの内面が垣 ...

, 松浦弥太郎

「ひとりでいること みんなとすること」は、松浦弥太郎さんの著書「愛さなくてはいけない ふたつのこと -あなたに贈る人生のくすり箱 -」と「40歳のためのこれから術 幸せな人生をていねいに歩むために」の二冊から、孤独と共感のバランスのと ...

サッカー, スポーツ,

2013-14シーズンから3シーズンに渡ってFCバイエルン・ミュンヘンの監督を務めたペップ・グアルディオラですが、彼は個別のインタビューに応じないため、彼の考えは記者会見での発言や、サッカーのフィールドで表現されるサッカーから判断する ...

スポーツ,

「負けを生かす技術 」は、為末さんが陸上競技の選手として培った経験から得た、「負け」「失敗」「勝ち」「競争」「強さ」といったテーマに対する考えが書かれた書籍です。

「負け」「勝ち」といった基準は自分で決める

本書で為末さんが ...