Webディレクターの仕事, 仕事, 実務ノウハウ,

不満があるときの転職は失敗する

一発逆転を狙って転職しようとしても大概はうまくいきません。
なぜなら、採用する側にしてみれば、
今の仕事に不満を抱いている人より、
生き生きと仕事をしていて、今現在きちんと成果を上 ...

仕事,

以前「リッツ・カールトンと日本人の流儀」という書籍で塚越寛さんのことが紹介されていたのですが、書籍に書かれた「長期間にわたって増収増益」しているポイントに興味があって、本書を読んでみました。

本書は企業の経営者向けの書籍で ...

仕事,

ピーター・バラカンがMCを務める「Tokyo Midtown presents The Lifestyle MUSEUM」という番組のPodcastで、藤原和博さんがゲストとして出演している回を聴いて、本書のことを知りました。 ...

スタジオジブリ, 映画,

フランスのアニメーション映画に「やぶにらみの暴君」という映画があります。日本で公開されたのは1955年です。それから30年後。「やぶにらみの暴君」の作者たち―監督ポール・グリモー、脚本ジャック・プレヴェール―は、それを『王と鳥』という ...

スタジオジブリ, 映画, , 熱風

スタジオジブリが発行する「熱風」を読む時、楽しみにしていた連載がありました。それは、落合博満さんの映画評論「戦士の休息」です。しかし「戦士の休息」は今月で連載が終了することになりました。

「熱風」を定期的に読むようになって ...

スタジオジブリ, 映画, , 熱風

スタジオジブリは、毎月10日に「熱風」という無料の文芸誌を発行しているのですが、今月の特集は「尊厳の芸術展-The Art of Gaman-」です。「尊厳の芸術展-The Art of Gaman-」とは、2010年にスミソニアン博 ...

復興支援, 映画

東日本大震災から1年後の2012年3月11日。それはどんな1日だったのでしょうか。
様々な人々が2012年3月11日に撮影した映像を集め、「エイリアン」「ブレードランナー」「グラディエーター」といった作品の監督を務めたリドリー ...

仕事,

最近、カフェやファミレスなどで自分のPCを使って仕事をする人が増えていて、その人達の事を「ノマドワーカー」と呼ぶのだそうです。東日本大震災以降、オフィス以外の場所で仕事をする働き方が、注目されるようになりました。

働き方が ...

仕事,

田村耕太郎さんの著書「君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?」は、仕事が機械化/海外へのアウトソーシング化が進む現代社会を踏まえ、今後ビジネスパーソンとしてどうするべきなのか、海外で活躍する人材の例や留学先の紹介などを交えて ...

, 観光, 高城剛

僕はいろいろな国や街を訪れましたが、最も素敵な街だと思ったのがバルセロナです。2009年の2月に訪れたのですが、2月とは思えないほど気候は暖かく、天気はほとんど快晴。料理もお酒も美味しかったことも印象に残っていますが、何より印象に残っ ...

仕事,

図書館の書棚をながめていたら目に止まったので、読んでみました。

グーグル、アップル、マイクロソフト、アマゾン。世界のトップIT企業に就職するにはどうすればいいのか?元グーグル採用担当者が激戦を勝ち抜くノウハウを具体的に指南 ...

仕事,

誰しも自分が今やっている仕事が「なんのための仕事なのか?」と考えたことはないだろうか。自分の仕事が社会において、どんな役割を担っているのか。どんな意味合いをもっているのか。考えなくても仕事はできるのかもしれないが、僕は折に触れて「なん ...

仕事,

Amazonという会社のサービスは、知らず知らずのうちに私たちの生活に深く入り込んでいます。Amazonの存在を知らない人やAmazonのサービスを使ったことがない人は、いないといってもよいではないのでしょうか。

そんなA ...

最近、通勤時間が1時間から25分になったこともあって、なかなか本を読む時間が取れません。したがって、中々nishi19 breaking newsで書評を書くことができていませんが、今日はすでに読み終わった本で書評を書いていない本や、 ...

仕事, 復興支援,

コミュニティが失われているという話を耳にすることがあります。僕が子供の頃でも、地域のお祭りの手伝いや、地域の廃品回収を手伝ったり、マンションの掃除を住民で行ったりする機会がありました。子供のころは嫌々やっていた行事によって、近所にどん ...

普段仕事をしていると、「部署の壁」「会社の壁」「担当の壁」といった、目に見えない「壁」の存在を感じて、本来やるべきことができず、「今の自分のできる範囲の仕事」しかやれないといったことはないでしょうか。

本書で説明されている ...

スタジオジブリ, 映画, , 熱風

スタジオジブリは、毎月10日に「熱風」という無料の文芸誌を発行しているのですが、今月の特集は「嘘をつく人」です。

「嘘をつく人」特集のラインナップは、以下の通りです。

震災と「嘘つき」(斎藤環)
「嘘をつく人」 ...

仕事,

メディアに関する書籍で、久々に「面白い」と思える書籍に出会いました。

僕は新聞を定期購読していません。僕の友人にも新聞を定期購読しなくなった人間がいます。新聞の発行部数は年々減少しているというニュースを耳にしますが、僕のよ ...

サッカー, スポーツ, 川崎フロンターレ,

今年から川崎フロンターレのトレーニングコーチに就任した、西本直さんの著書を読みました。
本書を読んだ理由は、以下の記事を読んで、西本さんがどのような考えを持っているのか知りたかったからです。

風間フロンターレ“最強の助っ ...

スポーツ,

気になっていた本をようやく読むことができました。本書は、テリー伊藤さんが落合博満さんについて持論をまとめた1冊です。
僕は「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」で中日ファンの鈴木さんが展開する落合論が面白くて、落合さんの采配に興味をもっ ...