サッカー, スポーツ,

レアル・マドリーのエースであり、ポルトガル代表のキャプテンを務める、クリスティアーノ・ロナウド。世界で最も有名なサッカー選手の1人というだけでなく、恵まれない子供たちへの支援も積極的に行い、サッカー選手の枠を超えて、社会的にも大きな影 ...

サッカー, スポーツ, スポーツビジネス,

国際サッカー連盟「FIFA」に対しては、長年贈収賄疑惑が噂されていました。FIFAのビジネスモデルは、ワールドカップなど連盟主催の大会のスポンサーを募り、放送権を販売することで主な活動資金を得ています。特にワールドカップは、世界中から ...

サッカー, スポーツ,

ジョゼ・モウリーニョ、クリスティアーノ・ロナウド、ハメス・ロドリゲスなど、超一流のサッカー選手、監督の代理人を務める人物がいます。その名は、ジョルジュ・メンデス。ポルトガルでサッカー選手としてプレーするかたわら、レンタルビデオ店の経営 ...

スポーツ,

今、メジャーリーグで画期的な取組で注目を集めているチームがあります。それは、ピッツバーグ・パイレーツです。

ピッツバーグ・パイレーツは、2012年まで20年連続負け越しを続けていた弱小チームでした。選手の総年俸は30チーム ...

スポーツ,

昨年読んだ書籍の中で、最も衝撃を受けた1冊を選べと言われたら、僕は、「棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか」を選びます。ガラガラの会場、ブーイングの嵐、会社の身売り…存亡の危機にあった新日本プロレスを支え続け、ついに奇 ...

サッカー, , 高城剛

高城剛さんは、数年前に「南国日本」という本を出版しました。温暖化にともない、気候が変化する日本は、南の島のようになるのではないかという持論を紹介した1冊でした。読んだ時は、「そんな事が起こるのかなぁ」と思ったのですが、現在の日本は温暖 ...

仕事,

「宇宙兄弟」「ドラゴン桜」「インベスターZ」といった、ヒット作の裏には、1人の編集者の存在があります。編集者の名前は、佐渡島庸平さん。講談社時代にメガヒット漫画を育て上げた佐渡島さんは、12年10月に作家エージェント会社コルクを創業。 ...

サッカー, スポーツ, プレミアリーグ,

ついにNumberでレスター・シティが取り上げられてしまいました。Number901号はレスター・シティの特集です。

レスター・シティの快進撃で嬉しいのは、日本人の岡崎慎司がレギュラーとして、貢献している事です。岡崎がレス ...

, 熱風

スタジオジブリは、毎月10日に「熱風」という無料の小冊子を発行しているのですが、今月の特集は、「LINEの野望」です。

2011年6月にスマートフォンアプリとしてサービスを開始以来、LINEは利用者を増やし続けています。ユ ...

, 高城剛

「2001年宇宙の旅」の作者アーサー・C・クラークは、「最先端のテクノロジーと魔法は見分けがつかない」と語っていたそうです。最先端のテクノロジーは、あまりにもよく出来ていて、魔法のように見えるのではないか。メディアアーティストの落合陽 ...

スポーツ,

僕はたまに野球の試合を観ることがあります。「プロ野球死亡遊戯」というブログを知ってから、ジャイアンツ戦を観るようになったのですが、ジャイアンツ戦を観ていると思わずテンションが上がる瞬間が2回あります。1回目は、村田さんの華麗なるゲッツ ...

スポーツ,

「世界一の経済メディアをつくる」というコンセプトで運営されている経済メディア「NewsPicks」のオリジナルコンテンツに、「アスリート解体新書」という、アスリートの動き方を異色の連載があります。広島で「conditioning st ...

サッカー, スポーツ, 川崎フロンターレ,

サッカーにおける、パス、ドリブル、シュート、フェイント、そしてディフェンスなど、全てのプレーはあるプレーによって、支えられています。それは「トラップ」です。「トラップ」とは、「ボールを身体の近くで止める」技術と解釈されがちですが、本来 ...

サッカー, スポーツ,

最近、footballistaが面白い。2015年12月号に「「データ革命」現地レポート」という特集では、ヨーロッパサッカーのデータ活用の現状を徹底的に取材し、60Pにわたって特集しました。

そして、2016年4月号の特集 ...

「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組で、農林漁業と地方に関する仕事ばかりを引き受け、次々とヒット商品を生み出すデザイナーが紹介されました。そのデザイナーは、梅原真さん。梅原さんに密着した番組からは、「デザイナーの仕事とは何か」 ...

凄くよい本に出会いました。

徳島にコーヒー好きに知られている、焙煎専門のお店があります。その名は、「アアルトコーヒー」。「アアルトコーヒー」は店主の庄野雄治さんが36歳に脱サラして始めたお店です。庄野さんの前職は旅行代理店 ...

仕事, , 音楽

大人のロックンロールを奏でたら、「東洋一のサウンドマシーン」クレイジーケンバンドの右に出るバンドはいません。しかし、クレイジーケンバンドが4枚目のアルバム「グランツーリスモ」をリリースするまで、リーダーの横山剣さんが仕事を続けながら音 ...

仕事,

東京を離れて生活をする。東日本大震災以降、そんな決断をする人が増えた気がします。福島原子力発電所の問題や、震災で一時的に麻痺した都市機能に対する不安から、東京を離れたのか。それだけではない気がします。しかし、東京を離れて生活することの ...

, 観光

本書「人生を変える南の島々。アジア編」は、高城剛さん自身がすべての島々を自らの資金で訪れ、すべての写真を撮り下ろし、旅行代理店や航空会社のタイアップをすべて断り、政府観光局から「できれば書かないでほしい」と言われたことも書いた、世間で ...

サッカー, スポーツ,

PKはサッカーで恐らく最も簡単に奪えるボールです。ゴールラインからわずか11メートルのペナルティスポットから、静止したボールを蹴るだけです。目の前にはGKただ1人。練習で失敗する人はほとんどいません。しかし、PKが考案されてから120 ...