仕事, 復興支援,

1着15万円の手編みのセーターを販売している会社があります。それは、「気仙沼ニッティング」。2011年の東日本大震災以降に、東北に新しい仕事を作ろうと考えた糸井重里さんが、ほぼ日刊イトイ新聞のプロジェ ...

復興支援, 教育,

図書館の棚を眺めていた時、ふと目に飛び込んできたので、借りてみました。予想以上に面白かったので、ご紹介します。 本書「絶望の隣は希望です!」は、アンパンマンや、「手のひらを太陽に」の作詞で知られるやな ...

サッカー, スポーツ, 復興支援,

1993年のJリーグ開幕以降の日本サッカーの隆盛を陰から支えた施設が、福島にありました。その名は、Jヴィレッジ。1997年に誕生した日本サッカー初のナショナルトレーニングセンターで、天然芝のピッチが1 ...

復興支援,

福島第一原発の事故や、放射線の影響について何か書くのは、出来るだけ避けてきました。なぜなら、原発や放射線に関する話題を取り上げるならば、まずは自分自身が原発についてどう考えているのか。つまり、イデオロ ...

復興支援, 映画

東日本大震災から1年後の2012年3月11日。それはどんな1日だったのでしょうか。 様々な人々が2012年3月11日に撮影した映像を集め、「エイリアン」「ブレードランナー」「グラディエーター」といった ...

仕事, 復興支援,

コミュニティが失われているという話を耳にすることがあります。僕が子供の頃でも、地域のお祭りの手伝いや、地域の廃品回収を手伝ったり、マンションの掃除を住民で行ったりする機会がありました。子供のころは嫌々 ...

復興支援, , 高城剛

本書は高城剛が東日本大震災後の日本のエネルギー問題、マスメディア、政治、ライフスタイルに関して、自身の考え方をまとめた書籍です。本書で特に重点的に語られているのは、震災で明らかになった「日本という国の ...

気仙沼に消えた姉を追って

復興支援,

いくつか震災関連の書籍が出ているが、この本が震災関連の書籍のルポルタージュとしては、No1なのではないだろうかと思います。 この本はスポーツライターで、Numberにも寄稿している著者(生島ヒロシさん ...