, 高城剛

これまで高城さんは、オーガニック、瞑想、トレーニング、アーユルヴェーダといった、健康に関する最新のトピックについて、誰よりも早く情報を発信してきました。それぞれのトピックについては書籍にまとめ、その後多くの似たテーマで別の人が書籍を出 ...

, 高城剛

高城剛さんが書いた「多動日記(一)「健康と平和」: -欧州編-」を読んでみました。この本は、日々世界中を移動し続けている高城さんの旅行記録であり、足を運ぶことで見えてきたリアルな世界情勢の記録であり、移動し続けている高城さんの内面が垣 ...

, 高城剛

毎週金曜日に発行される高城剛さんのメールマガジン「高城未来研究所「Future Report」」。本書「黒本 参」は、そのメールマガジンに寄せられた「Q&A」を再編集した書籍の第3弾です。

メールマガジンに寄せら ...

, 高城剛

開始から5年目になる、高城剛さんのメールマガジン「高城未来研究所 FUTURE REPORT」。このメールマガジンの人気コンテンツが、高城さんが読者の質問に応える「Q&A」です。政治、経済、クリエイティブ、仕事、健康、ライフ ...

サッカー, , 高城剛

高城剛さんは、数年前に「南国日本」という本を出版しました。温暖化にともない、気候が変化する日本は、南の島のようになるのではないかという持論を紹介した1冊でした。読んだ時は、「そんな事が起こるのかなぁ」と思ったのですが、現在の日本は温暖 ...

, 高城剛

「2001年宇宙の旅」の作者アーサー・C・クラークは、「最先端のテクノロジーと魔法は見分けがつかない」と語っていたそうです。最先端のテクノロジーは、あまりにもよく出来ていて、魔法のように見えるのではないか。メディアアーティストの落合陽 ...

, 高城剛

本書「人生を変える南の島々。ヨーロッパ編」は、高城剛さん自身がすべての島々を自らの資金で訪れ、すべての写真を撮り下ろし、旅行代理店や航空会社のタイアップをすべて断り、政府観光局から「できれば書かないでほしい」と言われたことも書いた、世 ...

, 高城剛

毎週金曜日に発行される高城剛さんのメールマガジン「高城未来研究所「Future Report」」。本書「黒本」は、そのメールマガジンに寄せられた「Q&A」を再編集した書籍の第2弾です。

メールマガジンに寄せられた ...

, 高城剛

毎週金曜日に発行される高城剛さんのメールマガジン「高城未来研究所「Future Report」」。そのメールマガジンに寄せられた「Q&A」を再編集したのが「白本」です。本書「白本 弐」は、以前出版された「白本」の続編です。

, 高城剛

今から20年後の2035年、未来はどうなってるのでしょうか。

未来を考えるとき、暗い話題を目にすることが多い気がします。明るい未来が考えられない理由を考えてみたのですが、それは日本という国が、いい意味でも悪い意味でも成熟し ...

, 高城剛

本書「世界はすでに破綻しているのか?」は、「国家破綻がおきるかどうか」を検証した本ではありません。「国家が破綻すると、何がどのように変わるのか」を、高城剛個人が見てきたことを、書き記した1冊です。

国家や都市が破綻するパターン

, 高城剛

毎週金曜日に発行される高城剛さんのメールマガジン「高城未来研究所「Future Report」」。本書「青本」は、そのメールマガジンに寄せられた「Q&A」の中で、メールマガジンの読者から数多く受ける「旅」に関する質問をまとめ ...

, 高城剛

本書「高城 剛と考える 21世紀、10の転換点」は、高城剛が仕事、お金、健康、食、住居、言語・国際感覚、移動、情報・通信、娯楽、国・都市の計10の項目で、自らの視点とともに、サバイバル術を解説している1冊です。

これまで、 ...

, 高城剛

毎週金曜日に発行される高城剛さんのメールマガジン「高城未来研究所「Future Report」」。本書「黒本」は、そのメールマガジンに寄せられた「Q&A」を再編集した「白本」の続編です。

日本的システムとは?

本書 ...

, 高城剛

毎週金曜日に発行される高城剛さんのメールマガジン「高城未来研究所「Future Report」」。そのメールマガジンに寄せられた「Q&A」を再編集したのが本書「白本」です。僕はメルマガの読者なのですが、280円という値段にひ ...