, 松浦弥太郎

「ひとりでいること みんなとすること」は、松浦弥太郎さんの著書「愛さなくてはいけない ふたつのこと -あなたに贈る人生のくすり箱 -」と「40歳のためのこれから術 幸せな人生をていねいに歩むために」の二冊から、孤独と共感のバランスのと ...

, 松浦弥太郎

2015年に、暮しの手帖の編集長を務めていた松浦弥太郎さんが、クックパッドに転職し、「くらしのきほん」というWebメディアを立ち上げたことは、話題になりました。松浦さんは転職する頃、1冊のエッセイ集を発表されています。それが、本書「正 ...

, 松浦弥太郎

本書「いつもの毎日。―衣食住と仕事」は、現在クックパッドで「くらしのきほん」というメディアの編集長を務める松浦弥太郎さんが、どんな物を身につければよいか、毎日の生活に使うものはどんな物をつかえば良いのか、そして仕事とはどうするべきなの ...

仕事, , 松浦弥太郎

考えてアイディアを出す。企画を考える。そんな仕事だけでなく、日常の何気ないことでも「考える」ことが求められる場面はよくあります。子供がいる人は、子供に「考えろ」なんて叱っている人もいるんじゃないのでしょうか。

でも、「考え ...

仕事, , 松浦弥太郎

本書は暮しの手帖という雑誌の編集長から、クックパッドの「くらしのきほん」というWebメディアの編集長への転職で話題になった松浦弥太郎さんが、世界で仕事をしていくために、自身の友人・知人との仕事やプライベートでの交流を元に何が必要か、基 ...

松浦弥太郎

今週の個人的なビッグニュースは、暮しの手帖の編集長を務めていた松浦弥太郎さんが、クックパッドに入社したというニュースです。松浦弥太郎さんは、COWBOOKSという古本屋を運営しながら、エッセイストとしても数多くの著書を出版。近年は、暮 ...

, 松浦弥太郎

松浦弥太郎さんの著書を図書館でみつけると、ついつい手にとって借りてしまいます。もう、何冊も読んでいるので、松浦さんが伝えているメッセージは頭に入っていると思うのですが、読むことで得られる安心感が欲しくて、僕はついつい手にとってしまうの ...

, 松浦弥太郎

どんなに実力がある人でも、どんなに資金に恵まれている人であっても、どんなに才能がある人でも、誰かの支えが無ければ、持っている才能を発揮することが出来ません。人は、一人では何も出来ないのです。では、どうすれば味方になってくれる人が現れる ...

, 松浦弥太郎

「一流ってなんだろう。」本書の特集はこんな言葉から始まります。

男にとって大切なものは何か、男にとって一流とは何か、上質とは何か。その事を、「暮しの手帖」編集長の松浦弥太郎さんと考えたのが、今回のBrutusの特集「松浦弥 ...

仕事, , 松浦弥太郎

「もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。」は、松浦弥太郎さんが「もし、今自分ならこんなことをしてみたい」というアプローチで、この時代を仕事や生活について、どう生き、どう楽しみ、どう学び、どう考え、どう努力し、どう悩む ...

, 松浦弥太郎

本書「軽くなる生き方」は、暮しの手帖の編集長を務める松浦弥太郎が、これまでの人生の中から得た「シンプルに、軽やかに生きる知恵」についてまとめた書籍です。

持ち物を軽くする

本書は、「小さな荷物で、新しい旅に出よう」というプロ ...

, 松浦弥太郎

誰の心にも必ずある「不安」と「寂しさ」。この「ふたつのこと」に、どのように付き合っていくべきなのか。本書は、「暮しの手帖」の編集長を務める松浦弥太郎が、自分の中の「不安」や「寂しさ」との付き合い方について、書いた1冊です。

認め ...

仕事, , 松浦弥太郎

本書は、「思考術」「想像術」「コミュニケーション術」「時間管理術」「グローバル術」を軸に、「考える」とはどういうことか。「考える」ことの重要性を説いた1冊です。以前「松浦弥太郎の仕事術」という書籍を紹介しましたが、本書はその続編ともい ...

, 松浦弥太郎

本書は、「暮らしの手帖」の編集長である著者が、仕事についてどう考えているのか、著者の考えをまとめた1冊です。COWBOOKSという中古書店を運営しながら、2006年から「暮らしの手帖」の編集長を務め、「暮らしの手帖」を立て直した著者が ...

, 松浦弥太郎

本書は「暮らしの手帖」の編集長である著者が、40歳からの人生をどう生きたらよいのか、著者の考えをまとめた1冊です。40歳は”下り坂”という考えもありますが、著者は「人生のピークは70歳」と考え、70歳にピークを ...

, 松浦弥太郎

本書「続・日々の100」は、暮しの手帖の編集長を務める松浦弥太郎が、普段の生活で使用している所持品を紹介する書籍で、「日々の100」の続編です。

選びぬかれた”本物”

本書「続・日々の100」でも、「暮しの手帖」の編集長を務 ...

, 松浦弥太郎

一生懸命に働いているのに、お金が増えない。お金が貯まらない。僕は経験したことがありませんが、お金がありすぎてどう使ってよいのかわからないという人もいるそうです。お金について悩んでいる人はとても多いと思います。もちろん、僕もそんな1人で ...

, 松浦弥太郎

本書「日々の100」は暮しの手帖の編集長を務める松浦弥太郎が、普段の生活で使用している所持品を紹介する書籍です。

選びぬかれた”本物”

本書では、「暮しの手帖」の編集長を務める松浦弥太郎だけあって、質 ...