2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝 セレッソ大阪対川崎フロンターレ「超えろ」

2017JリーグYBCルヴァンカップ、川崎フロンターレの対戦相手はセレッソ大阪です。

注目すべき3つのポイント

プレビューとして、この試合のポイントになりそうな選手を3人取り上げたいと思います。

1人目は車屋です。車屋を取り上げる理由は、対面にセレッソ大阪の水沼がいるからです。僕はセレッソ大阪で最も良い選手は、水沼だと思っています。日本人としては数少ない「ウイング」と呼べる選手で、グラウンドの縦を何度も走る事が出来て、相手DFの背後でボールを受けるのが上手い。そして、右足のキックの精度が高く、速いキック、高いキックを使い分けられて、走りながら蹴っても精度が落ちない。日本人では珍しい選手です。

セレッソ大阪は、柿谷、杉本、山口、清武というボールを扱う技術が高い選手が揃っていますが、ボールを扱う技術が高いので、ボールを持ってから何かアクションを仕掛けようとする傾向があります。ボールを持っていない時に、ボールを受ける動きを繰り返したり、ボールが動いている間に、相手の背後を取るような動きをする選手が少なく、動きながら正確なプレーが出来る選手は少ないのです。

しかし、水沼だけは違います。水沼は、相手DFの背後でボールを受けるためにアクションを何度も起こし、相手と駆け引きしてボールを受けられる選手です。

水沼からゴール中央に正確なパスを出させないこと。これが、セレッソ大阪の攻撃を抑えるためには大切なポイントです。対面する車屋はドリブルで1対1を仕掛ける相手には上手く対応できる選手ですが、水沼のようなタイプを90分通してずっと抑えるのは簡単ではありません。水沼からの効果的な攻撃を、いかに車屋が抑えるか。そして、逆に車屋が攻撃に出る回数が増え、水沼を自陣に押し込む事が出来るか。ここがポイントになると思います。

2人目はエドゥアルド・ネットです。天皇杯の柏レイソル戦、前半途中で交代したベガルタ仙台戦と、2試合連続でよいプレーを披露出来ていません。2試合ともに、普段ならしないパスミスが目立ち、パスミスした後の守備のアクションも遅く、攻撃でもパスを出したら次のアクションを起こさずに、その場に立っている。そんな場面が何度も見られました。

セレッソ大阪の水沼を抑えるには、水沼に出来るだけよいパスを供給しない事が大切です。セレッソ大阪の山口やソウザといった選手から、よいパスを供給させないためには、大島とエドゥアルド・ネットが素早く距離を詰め、サイドに強くて正確なパスを出させないようにしなければなりません。エドゥアルド・ネットがこれまでの2試合のように、アクションが少なく、都度止まるようなプレーをしていては、山口とソウザに楽にプレーさせてしまいます。

エドゥアルド・ネットが常にアクションを起こし、セレッソ大阪の山口やソウザを自陣に押し込むようなプレーが出来るのか。大島のプレーよりは、僕はエドゥアルド・ネットのプレーの出来が、試合を左右する気がしています。エウシーニョ、エドゥアルドよりは、エドゥアルド・ネットの方がパフォーマンスに波があるのも、気になる要因かもしれません。エドゥアルド・ネットのプレーに注目してください。

3人目は、交代出場する選手です。2017年シーズンは、選手交代をきっかけに相手陣内に攻め込めるようになり、リーグ戦で勝ち点を得たり、トーナメントを勝ち抜いた試合が何試合もありました。鬼木監督の状況に応じた交代選手の選択と、交代した選手のパフォーマンスが噛み合っているからこそ上手くいっているのだと思いますが、トーナメントの決勝戦は、スターティングメンバーで出場している選手だけでなく、交代選手も含めた14名のパフォーマンスの差で勝敗が決まります。

登里、三好、森本、知念といった攻撃の選手だけでなく、田坂、板倉といった守備を強化する目的で出場する選手が、どのようなプレーを披露するのか。試合終盤になればなるほど、重要になってきます。

そして、この試合には阿部が戻ってくる事が予想されています。守備が上手く、何をすればよいか分かっている阿部のような選手がこのタイミングで戻ってくるのは、チームにとっても心強いと思います。阿部がどのタイミングで、どんなプレーをするのか。楽しみです。

「ちょっくら優勝してきます」という言葉に隠された意味

この試合のような決勝戦を迎えるとき、ふと思い出す言葉があります。2016年Jリーグチャンピオンシップ準決勝の試合後に、記者会見で風間監督(当時)が語っていた言葉です。

このチームの期待が初めから大きすぎるので、本当は、いつも言っていますけど、初優勝はこっそりするものだと思っているのですけど、最初から周りからすごくヒートアップするので、そこはチーム全員で、色んな選手たちも含めて、強いクラブになるために全員でやっていってほしいなという僕のお願いはあります。
(2016年Jリーグチャンピオンシップ準決勝 風間監督試合後の会見より)

新日本プロレスの棚橋弘至さんは、よく「ちょっくら優勝してきます」という言葉を使います。この言葉には、2つの意味が込められていると思っています。1つは、「ちょっくら優勝」という言葉に、自分の実力なら勝てるという余裕を周りにみせるという意味。そして、もう1つは、「力を抜いて勝負事に臨む」という意味が込められているのだと思います。

勝負事で力を入れすぎてしまい、最善の選択が出来ずに、勝機を逃してしまうということはよくあります。勝敗が決るタイミングが近づけば、身体に力が入るのは止むをえません。だからこそ、試合に臨むまでにリラックスして、力を抜いて臨む。相手の事を必要以上に恐れすぎずに、余裕を持つ。「ちょっくら優勝してきます」という言葉には、勝負事に臨むにあたって、大切な心構えが隠されていると感じます。

「気持ちで負けない」とか「死にものぐるいで勝つ」というような言葉を、決勝戦のような試合前に耳にしますが、大切なのは気持ちをグッと高めて必要以上に力を入れることではなく、やるべき準備をきちんとやって、出来ることをきちんとやることです。たぶんそれは、選手だけでなく、スタッフも、サポーターも同じです。

2017年シーズンの川崎フロンターレのプレーを見ていると、タイトルを勝ちとるのにふさわしい力がついてきたと思います。相手が力を出してきても、相手の力を上回って勝つ。相手が嫌な事を仕掛けてきても、切り替えして勝つ。相手の土俵に立っても、相手の実力を受け止めて、勝つ。これがチャンピオンの戦い方です。

どちらが勝っても初タイトルの決勝戦。どちらがチャンピオンにふさわしい戦い方が出来るのか、楽しみです。

超えろ 自分の限界を
超えろ 昨日の努力を
超えろ 誰かの予想を
超えろ その力があると信じて
超えろ 今あるどのアイディアも
超えろ 目に見えない枠組みを
誰かの為に頑張れる
自分が一番好きだと認めろ
(槇原敬之「超えろ」より)