かっこいいヨーロッパサッカーのチャント(応援歌)「マリオ・バロテッリ」

2012/12/13

ヨーロッパのサッカーの魅力として、メッシやクリスティアーノ・ロナウドといったスーパースターのプレーだけではなく、スタジアムのサポーターが作る雰囲気も魅力の一つです。実際にスタジアムを訪れると、その迫力と熱気に感動します。その雰囲気を支えているのが、サポーターの歌うチャント(応援歌)です。今日は個人的に好きなチャントの一つであるマリオ・バロテッリのチャントをピックアップしてみました。

マリオ・バロテッリ「Oh Balotelli」

昨日の記事でもピックアップしたバロテッリのマンチェスター・シティでプレーしている時に歌われるチャント。意訳を読んでもらえると、この歌を歌われることは「サポート」なのか、日本人の感覚では大いに疑問ですが、本人は気に入っているようです。個人的にはパンチが効いてて、好きです。

歌詞

OOOOOOO Balotelli,
He’s a striker,
He’s good at darts,
An allergy to grass but when he plays he’s f*cking class,
He drives around moss side with a wallet full of cash!!
(repeated)

(意訳)

オー!バロテッリー!!
奴はストライカーで、ダーツもうまい!!
芝生アレルギーだが、プレーはチョー最高!
貧民街を財布に大金入れて、高級車で疾走する!

(前提)

(Note: People who don’t know about Mario Balotelli. During a match against Dynamo Kiev, Mario had an allergic reaction to grass, had to go off at half time. At training one day he got bored, decided to throw darts outside the first floor, aiming at the youth team players, fined £100,000. He won £25,000 at a casino and gave £1000 to a homeless person.)

(意訳)

バロテッリを知らない人のために補足をしておくと、このチャントは以下のエピソードを元に構成。

  • ディナモ・キエフ戦の時に、スタジアムの芝生に対して「アレルギーがでる」と発言し、ハーフタイムで交代。
  • ある日のトレーニング後退屈していた彼は、外で練習していたユースチームの選手に向けて、ダーツの矢を投げた。
  • ある日カジノで25,000ユーロ勝った彼は、たまたま遭遇したホームレスに1,000ユーロをプレゼントした。

音声を聴きたい方はこちら

マリオ・バロテッリ「Oh Balotelli」

おすすめ商品

フットボールで英語を勉強したい方におすすめの本はこちら

サポーターに必需品といえば、やっぱりビール。
チャンピオンズリーグのスポンサーでもあるハイネケンのビールは、欠かせません。

イングランドのパブでサポーターに人気なのは、GUINNESSの黒ビール。
こちらもサッカー観戦にはかかせません。